台湾の国内線「華信航空」を利用して台東から台北へ戻ってみました




台湾で地方都市へ出かけるならぜひ訪れてほしいのが台湾東部の都市「台東」。台北に比べると田舎ということになるのでしょうが自然が豊かでとても魅力的な街です。ただし新幹線が通ってないこともありアクセスはやや不便。台鉄を利用すると台北から3時間半~4時間半かかってしまします。そこでなるべき短時間で行きたいという人には空路を利用することをおすすめします。今回は台湾の国内線「華信航空 Mandarin Airlines」を利用した台東~台北の移動において台東から台北へ戻る方法を紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

台湾の国内線「華信航空」を利用して台北から台東へ行ってみました

2019.09.25

台湾国内線のチケット入手方法

台湾国内線のチケット入手方法についてはこちらの記事を参照してください。

台湾の国内線「華信航空 Mandarin Airlines」のチケットを購入する方法

2019.08.08
スポンサードリンク

台東空港から出発

華信航空 Mandarin Airlinesの台東~台北の飛行機は台東空港から出発して台北松山空港に到着します。台東市内中心部から台東空港へのアクセスは下記記事を参照してください。

台東バスターミナル(台東市中心部)から台東空港へバスで移動する方法

2019.10.25

チェックイン(搭乗手続き)

華信航空 Mandarin Airlinesのカウンターでチェックインの手続きを行います。チェックインはパスポートを見せるだけでOKですよ。
※念のためチケット購入時に送られてくるメールをプリントアウトしておくのもよいと思います。

無事にチェックインを済ませてチケットをもらいました。

受託手荷物の手続き

受託手荷物がある場合はチェックインとは別に手続きを行う必要があるので注意です。受託手荷物はこちらの「行李 / 貨物託運」と書かれてあるカウンターで手続きを行いましょう。

荷物を預けたら時間までくつろぎましょう。実はこの日、出発時間が大幅に遅れたのですが航空会社が乗客にお弁当を差し入れしてくれました。というわけで池上弁当を食べながら出発を待ちますよ~。

搭乗

指示された時間までに所定の搭乗ゲートへ行きます。なるべく余裕を持って移動しましょう。保安検査と登場ゲートは2階にあります。

エスカレーターで2階へ上がるとするぐに保安検査場がありますよ。

保安検査を終え搭乗ゲートへ。このときは1番ゲートでした。地方の空港だとコンパクトなので歩く距離が少なくていいですね。

この先が1番ゲート(登機門1)ですね。

ここが1番ゲート(登機門1)。アナウンスがあるまでしばし休憩です。

ようやく準備ができたようです。スタッフにチケットとパスポートを提示して飛行機に乗り込みます。

機内に入りました~。自分の席を探します。

席の広さはLCCと同じくらいですね。短時間のフライトなのでそれほど気になることはなかったです。

というわけで台北へ出発です。

スポンサードリンク

台北松山空港に到着

1時間ほどでに台北松山空港に到着です。

ターミナルビルへはバスで移動します。

乗って来た飛行機を横目に出発。

ターミナルビルに入ったら到着ロビーへ向かいます。受託手荷物がある場合は先に受け取ってから到着ロビーへ。

お疲れ様でした。ここからの移動はMRTやバスを利用しましょう。

 

スポンサードリンク