高雄駅の荷物預かり所「行李房」の場所と利用方法を紹介

2017100901_2
スポンサードリンク

台湾の鉄道、台鉄(台湾鉄路)は主要駅に行李房と呼ばれる荷物預かり所があります。午前中に駅に到着したけどチェックインは後にして荷物を預けてすぐに観光に出かけたい! 帰りの便が夜なのでチェックアウト後に荷物を預けて身軽になって観光したい! というようなときには行李房を利用すると便利です。台湾第2の都市と言われる高雄駅にもちろん行李房は設置されていますよ。今回は高雄駅の行李房について場所や利用方法を詳しく説明したいと思います。

高雄駅の荷物預かり所「行李房」

台湾の鉄道、台鉄(台湾鉄路)の主要駅には行李房と呼ばれる荷物預かり所が設置してあり手荷物を一時預かってくれる便利なサービスを提供しています。

台湾第2の都市と言われる高雄の主要駅である高雄車站(高雄駅)にもあるので、ホテルにチェックインする前やチェックアウトした後などに利用すると身軽になって観光することができますね。
2017100902_1

行李房の場所

高雄駅の荷物預かり所である行李房は駅の南側の側面にあります。普通に駅構内に入っていくとたどり着けない場所なので、外側から回り込んで行く必要があります。以下行李房への行き方を詳しく説明します。

下の写真が高雄駅の南側。MRT高雄駅の出口付近から見た様子です。行李房は下の写真で建物の向う側にあるので矢印のように進んで行きます。
2017100902_3
駅構内に入らず真っすぐ進んで行きます。
2017100903
建物の向う側の端まで進みます。
2017100904
行李房と書かれた看板が出てますね。建物を回り込むように右へ。
2017100905
右へ曲がるとすぐ先に行李房があります。
2017100906
ここが高雄駅の行李房の入口です。
2017100907
2017100910

荷物の預け方と料金

荷物の預け方は簡単。行李房の中へ入るとスタッフがいるので荷物を預かって欲しい旨を伝えます。書類に氏名、電話番号など必要事項の記入を求められるので指定された箇所へ記入します。
2017100911
荷物を渡すとタグを付けて保管してくれますので、後は半券をもらって終了。半券は荷物を引き取るときに必要なので失くさないようにしましょうね。
2017100912
費用は1日あたりの料金で決まっていて、荷物のサイズ(縦、横、高さ)により以下のように規定されています。

サイズ(縦+横+高さ) 料金
100㎝以下 30元
100㎝〜150㎝ 50元
150㎝以上 70元

1日預けてこの料金ならコインロッカーと比較してもまあまあ安いですね。
2017100909

行李房の営業時間

営業時間は朝7時から夜10時まで。時間を過ぎると翌日まで荷物を引き取れなくなるので、帰国便が夜の場合は注意しましょう。
2017100908

高雄駅は北側〜南側の行き来に注意

高雄駅は線路を挟んで北側と南側にそれぞれ入口があるのですが、簡単に行き来ができないのです。まず外側から回り込んで行くことはできません。
2017100913
そこで駅構内を通るしかないのですが、自由に通行できる通路はなく改札を通る必要があります。但し通り抜けするだけなら無料で通行することができます。

2階の改札に行くと係員がいるので、通行したいことを伝えると前後站通行券という紙をくれます。これを持って反対側の改札に行き、係員にこの紙を渡すと改札を出ることができるというわけです。
2017100914
行李房は南側にあるので、荷物を預けた後MRTで北側へ出かけて、駅に戻って来たときに「行李房に行けない!」と慌てないようにしましょう。

まとめ

高雄駅にはコインロッカーもあるので、状況に応じて行李房とコインロッカーをうまく使い分けるとよいと思います。

荷物を預けるときは、出かけるときに必要な物を荷物から取り出すことを忘れないようにしましょう。また貴重品は取り出しておくことをおすすめします。

行李房の営業時間には充分注意が必要。特に帰国時は必ず営業時間内に荷物を引き取るようにしましょうね。


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017100901_2