海外プリペイドカード「JTB MoneyT Global」のメリット・デメリット




「海外旅行に行くのでクレジットカードを作ろうかな」或いは「クレジットカードは1枚持っているけど海外旅行用にもう1枚カードを作ろうかな」と考えている方、クレジットカード以外にも海外プリペイドカードという選択肢もあります。

海外プリペイドカードにはキャッシュパスポート、Money T Global、マネパカードなどいくつかありますが、今回はJTBが発行している海外プリペイドカード「JTB MoneyT Global」について、そのメリット・デメリットを検証してみたいと思います。
※アイキャッチ画像及びページトップ画像は海外専用トラベルプリペイドカード MoneyT Global HPより引用

JTB MoneyT Globalとは?

JTBが提供するJTB MoneyT Globalはクレジットカードとは違ってプリペイドカードというものです。一時的に借金をして利用するクレジットカードに対して、事前にチャージした分しか使えないという仕組みです。スイカ(Suica)をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。JTB MoneyT Globalは入金したお金を事前に外貨両替してチャージすることで海外で利用できるという便利な海外プリペイドカードなのです。

参考:世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」

JTB MoneyT Globalのメリット

13歳以上から審査なしで作ることが可能

一般的にクレジットカードを作る場合には与信審査が必要です。しかし事前にチャージした金額分が使用可能という仕組みのプリペイドカードであるJTB MoneyT Globalは与信審査なしで作ることが可能です

また13歳以上の日本在住の方なら誰でも申込みができるます。成人であることを問われることもありませんので未成年の海外留学などでも利用できるプリペイドカードです。
 

プリペイドカードなので使い込む心配がない

海外旅行では気が大きくなってついつい食事や買い物に夢中にお金を使い過ぎてしまいがち。後ですごい金額の請求がきてビックリ、なんていう経験がある人もいるのではないでしょうか。その点JTB MoneyT Globalは事前にチャージした金額分しか使用できないプリペイドカードなので使い込む心配はありません

また海外旅行で注意しなければならないのが盗難や紛失。サイフを盗まれたり紛失したカードを他人が使ったりして知らぬ間に多額のお金が引き落とされていた、という状況は絶対に避けたいところです。しかしJTB MoneyT Globalなら入金されている以上の金額を使われる心配はないのでセキュリティという観点からも安心ですね。
 

入会金・年会費が無料

やはり一番気になるのは入会金、年会費の有無ですよね。 年に1回行くかどうかわからない海外旅行のためにクレジットカードやプリペイドカードを作るのに年会費を取られるのはつらい。しかし嬉しいことにJTB MoneyT Globalは入会金・年会費無料です

仮に海外旅行でしか出番がなくそれ以外のときは持っているだけ、という状況であったとしても年会費を払う必要がないので作っておいても損をすることはありません。
 

ATMで現地通貨を引き出すことができる

JTB MoneyT Globalは海外のVisa加盟店で食事や買物をすることができます。またそれだけでなく海外旅行先でVisaのマークの付いているATMから現地通貨を引き出すことができます

日本でもそうですが海外でもクレジットカードの使えない、現金支払いしか受け付けないお店があります。なのでやはりある程度の現金を持ってないと不安ですね。そういう意味でもJTB MoneyT Globalを持っていれば手持ちの現金が少なくなってきたときでも安心です
 

JTBによる安全・安心のサポート

JTB MoneyT Globalの最も大きなメリットがJTBによる万全のサポート体制。24時間対応の日本語コールセンターと世界30都市以上のJTB海外トラベルデスクによるサポートが受けられます

トラブルや緊急時時はもちろん、何かわからないことがあったときに日本語ですぐに対応してもらえるのは大きな安心感があります。
また個人プランの場合、渡航先での危険回避情報をいち早く受信できるサービスが無料で利用できます。伝染病、治安状況、自然災害などの速報をメールで知らせてくれるので危険回避の重要情報をいち早くキャッチすることが可能です。
 

利用の都度メールで利用内容と残高をお知らせ

JTB MoneyT Globalはカードの利用があった場合、都度メールでお知らせしてくれるので利用内容や口座残高を確認することができます。

ATMで残高を照会するとATM残高照会手数料として1回につき100円かかるのでメールで確認する習慣をつけておくとよいですね。
 
 

JTB MoneyT Globalのデメリット

決済手数料が高い

ATMから現金を引き出したときやショッピングに利用したときの決済手数料が5%と他のプリペイドカードに比べてやや高めの設定になっています。

例えばキャッシュパスポートの決済手数料は4%、マネパカードは為替によって変動しますがおおよそ0.8%~1.0%ほどなので、それらに比べるとJTB MoneyT Globalはやや見劣りします。
※画像は海外専用トラベルプリペイドカード MoneyT Global HPより引用
 

ポイント還元はなし

クレジットカードやプリペイドカードにはポイント還元が受けられるものがありますが、JTB MoneyT Globalはポイントの還元はありません。ポイントが欲しい人にとってはちょっと残念。

国内では利用できない

日本国内のVisa加盟店(空港等の免税店を含む)ではJTB MoneyT Globalを利用することはできません。

また機内販売、船内販売、オンラインショッピング・通信販売などの利用 、ホテルやレンタカーでのデポジットを目的とした利用でもJTB MoneyT Globalを利用することはできません。
 

紛失・盗難などによる不正利用時の補償が弱い

JTB MoneyT Globalは、ICチップ搭載によるスキミング対策、24時間対応の日本語コールセンター、カード利用時におけるメール通知などそれなりにセキュリティ対策が充実しています。

しかし一方で紛失・盗難などによって不正利用された際の補償は行われません。カードを紛失したり盗難にあったりした場合はただちに利用停止の措置を行うべきなのですが、停止までに利用された金額については補償されません
 

JTB MoneyT Globalはこんな人におすすめ

JTB MoneyT Globalの最も特筆すべき点は徹底したサポート体制。やはり勝手の違う海外において日本語OKの24時間対応のコールセンターの存在は非常に安心感があります。

トラブルが発生したときというのは誰でも気が動転して焦ってしまうものです。そんなときに日本語で会話ができるというのは一見小さいように見えて実は大きなメリットなんですよね。

決済手数料やポイントなど他のプリペイドカードと比べるとやや見劣りしても安心を得られる方がよいという方はJTB MoneyT Globalを使ってみるのもよいかもしれませんね。

また他のクレジットカード、プリペイドカードと併用して2枚目、3枚目のカードとして利用するのもよいですね。


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク