台湾の無料Wi-Fiサービス iTaiwanの登録方法を紹介します

2016120501_1
スポンサードリンク

「iTaiwan(愛台湾)」は台湾全土で展開されている無料Wi-Fiサービス。2013年に行政機関の運営する公衆無線LANサービスを外国人観光客に向けに開放してアカウント申請の受付を開始しました。申請は渡航前にオンラインで行うことが可能。到着後、空港で申請したアカウントを有効化することにより、すぐに使用可能となります。今回はiTaiwanのオンラインでの申請から空港到着後の有効化の方法までをご紹介します。
※アイキャッチ画像及びページトップ画像はiTaiwan Wi-Fi HPより引用

 iTaiwanの登録方法

下記サイトより事前登録の申請を行います。
参考:iTaiwan境外旅客線上登記系統

オンラインによる事前登録

1.「散客線上登記」をクリック。
2016120501_4
2.「預定入境日(入国予定日)」「國家(地)」「護照號碼(パスポート番号)」を入力して「檢核」ボタンをクリック。
2016120503_1
3.下部に更に入力項目が現れます。「生日(生年月日)」「申請天(申請日数)」「入境機場(入国する空港)」を入力して「送出」ボタンをクリックします。

「申請天數(申請日数)」はiTaiwanが有効となる日数です。30日、60日、90日が選べるので自身の滞在日数に合わせて選択しましょう。

2016120505
4.メッセージが表示されるので一番下までスクロールして「Agree」ボタンをクリックします。
2016120506_1
2016120506_4
5.下のようなメッセージが表示されれば事前登録は完了です。後は台湾の空港到着時に手続きを行います。
2016120507_1

スポンサードリンク

入国時、空港でアカウントの有効化を行う

1.空港到着後、観光局トラベルサービスセンターのサービスカウンターへ行きます。
下の写真は桃園空港第1ターミナルの到着ロビーにあるサービスカウンター(旅客服務中心)。
2016120509
2.スタッフにiTaiwanの手続きを行いたい旨を伝えれば設定を行ってくれます。(「iTaiwan」と言えば理解してくれると思います。)その際、パスポートが必要なので提示します。ID:パスポート番号、パスワード:生年月日、のように設定してくれるので、後は接続方法の説明を受けて終了です。
2016120510

iTaiwanの接続方法

1.iTaiwanのホットスポットで接続を行います。(桃園空港はホットスポットなので、先ずその場で確認するのがよいでしょう。)Wi-Fiの接続リストから「iTaiwan」を選択します。
20161205112016120513_12.iTaiwanのログイン画面が現れるのでパスポート番号、生年月日を入力。「iTaiwan」にチェックを入れて「登入」ボタンをクリックします。
20161205143.下の画面が表示されればログイン完了。後は「開始上網」のボタンをクリックすれば終了です。
20161205164.iTaiwanに接続されています。
2016120517

他の無料Wi-Fiサービスも利用可能

iTaiwanに登録すると他の無料Wi-Fiサービスも利用できるのでたいへん便利。台湾にはiTaiwanの他に台北市のTaipei Free、新北市のNewTaipei、新竹市のiHsinchu、台中市のiTaichung、台南市のtainanといった無料Wi-Fiサービスがあり、iTaiwanのアカウントで全て利用することができます。

また台北市のTaipei FreeのアカウントからiTaiwanを利用することも可能です。

無料Wi-FiサービスTaipei Free(台北フリー)の登録方法

2017.03.15

Wi-Fiレンタルと併用すれば万全

非常に便利なiTaiwanですが、さすがにどこでも常に接続できるというわけではありません。でも街中を歩いているときに「地図アプリを使う為にどうしてもネットに接続したい」というような場合はありますよね。

そういったケースをカバーするのであればWi-Fiレンタルがよいでしょう。「海外パケ・ホーダイ」のような通信キャリア(携帯会社)のサービスを利用するよりずっとお得です。
※ドコモ「海外パケ・ホーダイ」:1日約24.4MBまで1,980円/日、それを超えると最大2,980円/日

Wi-Fiレンタルで有名なのはCMでもお馴染みのイモトのWiFi。台湾であれば3G 1日 500MBの大容量プランが680円/日で利用できるのでおすすめです。

また30日前、45日前、60日前と早めに申し込むとそれに応じて割引も受けることができます。

まとめ

iTaiwanは空港、駅、MRTステーションなどの公共施設や病院、銀行など台湾全土を幅広くカバーしているのでホットスポットを見つけるのにそれほど苦労しません。SIMフリー端末を持っていない方はiTaiwanを利用すると便利ですよ。
2016120518
※画像はiTaiwan Wi-Fi HPより引用


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2016120501_1