無料WiFiだけではカバーできない、常にネット接続可能であることの重要性




台湾には外国人でも登録可能な台湾全土で利用できるiTaiwanをはじめとした無料WiFiサービスが非常に充実しています。正直日本も見習ってほしいと思うくらいです。台湾旅行の間、公共サービスの無料WiFiやホテル、カフェなどの無料WiFiだけでも何とかやっていくことは可能だろうと思います。実際、自分も過去に無料WiFiだけで1週間ほど台湾で過ごした経験があります。しかし、そのとき体験したからこそ言えるのですが、やっぱり常にネット接続可能な状況にいるというのは重要なのです。というわけで、実際にどんなときにネット接続の必要性があるのか? またネット接続のできる為にはどうすればよいか? などをお話したいと思います。

ネット接続できた方がいいのはどんなとき?

タクシーに乗っているとき


海外でタクシーに乗るときに注意すべきことの1つとして「不要に遠回りされること」というのがあります。つまり必要以上に高い料金を請求されてしまうということです。ただ海外なのでその土地の事情に明るくないのは当然なのでなかなか防ぐのも難しいですよね。

しかし今ではGoogle Mapがあるおかげで自分が乗っているタクシーが正しいルートを通っているかリアルタイムに分かるのでそういった心配もありませんね。便利な世の中になったものです。

但し、タクシー乗車中にネットに接続できなければその恩恵も受けることができません。当然タクシーに無料WiFiがあるはずもなく運転手を信用するしかないということになります。

また、たとえ運転手にそういった意図が無くても、単純に目的地を間違っていたり、道を間違っていたりすることもあるので、そういう場合でもGoogle Mapでチェックできていれば早めに気付くことができます。到着した後「ここどこ?」なんてことになったら目も当てられません。

不自然なルートを通っていることが早めに分かれば、すぐに降りて危険を回避できるし、また運転手の勘違いであっても無駄な時間やお金を費やすリスクを減らすことができますね。
 

バスに乗っているとき


知らない土地でバスに乗っているときに注意するのは「降りる場所を間違えないこと」ですね。たとえ降りるバス停の名前を憶えていても、当然アナウンスは中国語だし、バス停の文字が見えづらいこともあります。

万一気付かずに通り過ぎでもしたら現れることのないバス停へ到着するのを待って延々とバスに乗り続けることになってしまいます。ま、たぶんその場合、不安になって途中で降りるのでしょうが「降りよう」と決断するのも躊躇するのが自然です。

でもネットに接続できればGoogle Mapでどの辺りを走っているのか確認できるので安心。乗り過ごす心配はなくなるので安心してバスの乗ることができるというわけです。
 

地方都市に出掛けたとき


大都市であれば無料WiFiサービスが充実しているので、それらを利用すればある程度ネット接続の問題は解消されるのですが、地方都市ではそういうわけにはいきません

個人的な感想では、正直満足できるのは台北くらいです。それ以外の都市ではちょっと不自由を感じてしまいます。やっぱりMRTの存在が大きいのではないかと思いますね。
 

迷子になったとき


知らない土地で迷子になったら大変です。はっきり言ってこういうときほどネット接続できなきゃいけないときなんですが、そもそも無料WiFiがあるような場所ならたぶん迷子になる可能性も低いし、無いような場所だからこそ迷子になってしまうと・・・ まあ当然と言えば当然です。

誰かに聞けばなんとかなるかもしれませんが、無用な時間を費やしてしまうことになりかねません。ネットに接続できてGoogle Mapが確認できればそんな心配も不要ですね。

まあ、写真のようなとんでもない田舎ではないにしても、そこそこの都会であっても道に迷ったりしてプチ迷子のような状態になることはありますよね。ちょっとGoogle Mapを確認すれば解決するのに、それが出来ずにウロウロしてしまって目的地に着くのに思いのほか時間がかかった。なんてことは避けたいですね。

無料WiFi以外でネット接続する為には?

プリペイドSIMを購入する


一番おすすめなのはプリペイドSIMを購入することです。SIMフリースマホを持っているなら空港でプリペイドSIMを購入すれば日本にいるときと同じような感覚で常時ネット接続が可能となり快適に旅行を楽しむことができますね。

台湾のプリペイドSIM総まとめ! メリットや購入方法など詳しく解説します!

2017.12.28
 

レンタルWiFiを利用する


SIMフリースマホを持っていないのならレンタルWiFiを利用することをおすすめします。モバイルルーターをレンタルするということなのですが手のひらにのるくらい小さいので持ち歩くにも邪魔になりません。

また業者によっては容量無制限のプランもあり1台のルーターで複数の端末が接続できるのでグループ旅行に向いているというメリットもありますね。

台湾で使えるレンタルWiFiを料金、サポートなど徹底比較!おすすめはどれ?

2018.05.25
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク