イモトのWiFi(3G大容量プラン)をレンタルして台湾で使ってみた感想




みなさん台湾へ行ったとき現地でのネット接続の手段はどのようにしているでしょうか。またこれから台湾へ行くという方はどういう方法でネット接続を行う予定でしょうか。日本の通信キャリアのパケット定額制サービスは高いので正直おすすめしません。台湾では無料Wi-Fiサービスが充実しているのですが、とはいえやっぱり街中を歩いているときに「Googleマップを使いたいのでどうしてもネットに接続したい」というようなケースはよくありますよね。そこで今回はイモトのWiFiのWiFiレンタルサービスを利用してみたのでその内容を紹介したいと思います。

WiFiレンタルについて

台湾でのネット接続についてはプリペイドSIMを購入する方法が安くておすすめなのですが「持っているスマートフォンがSIMロック解除できない」「プリペイドSIMは難しそうなので自信がない」という人にはWiFiレンタルがおすすめです。

パケット定額制サービスと料金を比較

日本の通信キャリアには以下のようなパケット定額制サービスが用意されています。
ドコモ:海外パケ・ホーダイ
ソフトバンク:海外パケットし放題
au:海外ダブル定額
特に何も準備する必要が無くてスマホを持って行けばそのまま使えるという便利な反面、料金が高額なのがネック。滞在期間が長くなるとバカにならない金額になってしまいます。

今回利用したイモトのWi-Fiの利用料金とパケット定額制サービスの料金を具体的に比較してみましょう。

以下の条件でそれぞれの方法を利用した場合の料金を比べてみます。
・3泊4日として4日間利用
・1日300MB(※1)程度利用したとする

商品/サービス 料金 内訳
ドコモ
海外パケ・ホーダイ
11,920円 2,980円×4日
イモトのWi-Fi
3G 大容量500MB/日
3,260円 680円×4日
+540円(受渡手数料・税込)

※1 データ通信量300MBで利用できる目安
WEB閲覧:約1,200ページ
Youtube閲覧:約2分30秒
MAP閲覧:約80回

これを見ればその違いはもう一目瞭然ですよね。差額は何と8,660円にもなります。WiFiレンタルを使った方がいかにお得かというのがお分かりいただけるかと思います。

台湾ならイモトのWi-Fi 3G 大容量のプランがお得

台湾での利用であればイモトのWi-Fiは4G/LTEと3Gのプランが用意されています。大容量プランの場合、料金の違いは以下のようになっています。
4G/LTE:1日あたり1,280円
3G:1日あたり680円

4G/LTEの通信速度は文句なく快適。日本の大手通信3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)を使っている人であれば普段使っているときと同等の感覚と思ってもらってよいと思います。

でも3Gの1日680円という安さは魅力ですよね。だけど3Gの通信速度ってどうなんだろう? と疑問を持つ方が多いのではないでしょうか。

というわけで今回はイモトのWi-Fiの3G大容量プランを実際に台湾で使ってみましたので、その結果を報告したいと思います。また申込方法や注意点なども合わせて解説したいと思います。

イモトのWiFi申し込み方法

レンタルWiFiの申し込みは下記のイモトのWiFiの公式HPより行います。
海外WiFiレンタルなら、イモトのWiFi お申込みはこちら

レンタル申込み」をクリックします。
imoto01よく旅行に行くという人でイモトのWiFiを度々レンタルする可能性があるなら事前に会員登録しておくと2回目以降の利用で特典があるので登録しておくとよいでしょう。不要であればそのまま申し込みを進めます。
imoto02

STEP1:お申し込み内容の選択

【手順1】
カレンダーからレンタル期間を決定します
imoto04【手順2】
渡航する国数利用国・地域を選択します。
※ここでは渡航する国数「1ヵ国のみ」、利用国・地域「台湾」を選択。
imoto05_1【手順3】
機器タイプ、WiFiの通信速度、WiFiの通信容量、WiFiのレンタル台数を選択します。
※ここでは機器タイプ「WiFi」、WiFiの通信速度「3G(通常)」、WiFiの通信容量「大容量」、WiFiのレンタル台数「1」を選択。
imoto10【手順4】
オプションを「あんしんパックプラス」「あんしんパックフル」「あんしんパック」から選択します。レンタルセットの盗難・紛失・損壊時の弁償代金が免除される補償サービスです。「なし」でもOK。不安な方は付けておくとよいでしょう。
※ここでは「なし」を選びました。
imoto11_1【手順5】
周辺機器のレンタルを希望する場合は該当するものを選択します。持っていた方がよいと思うのはモバイルバッテリー(モバイル充電池)でしょうね。所有している方は必要ないですが、持っていないのであればレンタルするのもよいと思います。
imoto14_0【手順6】
受取方法を「空港で受取」「宅配で受取」「東京本社で受取」から選択します。
※ここでは「宅配で受取」を選択。

宅配で受取」の場合「お届け先の郵便番号」「お届け先の都道府県」を記入し、希望の「お届け日」「お届け時間帯」を選択します。

空港で受取」「宅配で受取」は受渡手数料・宅配料として一律500円が発生します。また「宅配で受取」の場合、前日のお届けは追加料金なしですが2日前以前のお届けには追加料金が発生します。
imoto26_1【手順7】
返却方法を「空港で返却」「宅配で返却」「東京本社で返却」から選択します。
※ここでは「空港で返却」を選択

空港で返却」の場合、返却したい場所を選択します。「返却BOX」のマークが付いている場所は24時間返却可能です。
  imoto29_1【手順8】
お申込者情報の入力へ」をクリックします。
imoto35

STEP2:お申込者情報の入力

続いて申込者の個人情報の入力を行います。
imoto36
【手順1】
申込者の氏名、住所、電話番号など個人情報を記入し、「ご利用上の注意に同意する」「ご利用規約に同意する」の2箇所にチェックを入れる。
【手順2】
お申込内容の確認画面へ」をクリックします。

STEP3:お申込内容の確認

【手順1】
申込内容に間違いなければ「上記内容を確認した上で決済のご案内へ進む」をクリックします。
【手順2】
クレジットカード情報の入力に進む」をクリックします。
【手順3】
クレジットカード情報を入力、画像認証には入力エリアの上部に表示された数字を入力して「次へ」をクリックします。
【手順4】
購入」をクリックします。
【手順5】
これで申し込み完了です。確認番号が表示されるので念の為控えておきましょう。

「STEP2:お申込者情報の入力」
で入力したメールアドレス宛てに申込完了の旨のメールが届きます。
imoto81_1

受取について

イモトのWiFiのレンタル機器受取方法は「空港で受取」「宅配で受取」「東京本社で受取」の3つがありますが、大部分の方は「空港で受取」「宅配で受取」を利用すると思いますので、この2つについて少し解説したいと思います。

空港で受取

イモトのWiFiが指定する空港でレンタル機器を受け取ることができます。出発する空港がそれに含まれている場合、出発日に空港で受け取ることが可能です。一番確実な方法ですね。受取場所についてはイモトのWiFiのHPに記載されています。
参考:宅配で、空港カウンターで、選べる受取・返却方法|海外WiFiレンタル【イモトのWiFi】

当然配送料は発生しませんが、一律500円の受渡手数料が発生します。

宅配で受取

レンタル開始日前日以前の日を指定して宅配でレンタル機器を受け取ることが可能です。出発する空港にイモトのWiFiのカウンターが無い、又はカウンターが閉まっている時間帯に出発する場合などはこちらの方法が有効です。

今回宅配を利用して受け取りました。
imoto92
宅配で受取の場合、一律500円の宅配料が発生します。また、レンタル開始日前日のお届けについては追加料金はありませんが、2日前以前のお届けの場合は1台につき1日あたり450円の追加料金が別途発生します。

(例)1台レンタルした場合

お届け日 宅配料 追加料金
前日 500円 0円
2日前 500円 450円
3日前 500円 900円

現地に深夜・翌日到着する場合

夜中に出発して現地に深夜、又は日を跨いで到着する場合もありますよね。少しでも時間を有効に使う為、週末仕事終わりに空港へ直行して休日をフルに現地で過ごすという方もいると思います。

さて、そういった場合WiFiをレンタルしてもレンタル1日目はほぼ出番がないということになります。それでもレンタルしている以上料金は発生するのです。なんかちょっと勿体ないですよね・・・

そういうときは出発日翌日をレンタル第1日目として前日に宅配してもらうという方法が使えます。宅配の場合、前日お届け指定であれば追加料金は発生しないのでムダな出費をせずに済むというわけです。

例えば3泊4日で夜出発、現地に真夜中に到着した場合は以下のようなイメージになります。
空港受取にすると出発日もレンタル期間に含まれるので4日間レンタルすることになります。しかし初日はほぼ使うことなく終わってしまいます。
出発日の翌日からをレンタル期間として前日(実際には出発日になる)に職場などに宅配してもらえばレンタル期間は3日で済むことになります。当然初日は使えませんが問題はないでしょう。

※ただし受取に失敗するともうアウトというリスクも把握しておく必要はあります。
imoto91

現地到着前にしておくこと

機内モードをONにしておく

自動的に通信が行われて高額のパケット料金が発生するのを避ける為、機内モードをONにしておきましょう。

設定 から機内モードのスイッチをタップしてONにします。
2018020803

Appのバックグラウンド更新をオフにしておく(iPhoneの場合)

iPhoneを使用している場合はAppのバックグラウンド更新の設定をOFFにしておきましょう。意識せず大量のデータ通信が発生してしまう可能性があります。

設定>一般>Appのバックグラウンド更新>Appのバックグラウンド更新 から「オフ」をタップしてAppのバックグラウンド更新をオフに設定します。
2018020804

現地での使用方法

現地でレンタルWiFiを利用するときの操作手順を説明します。

WiFiルーター本体の電源ON・OFF

イモトのWiFiのレンタル機器類は小さなポーチに入った状態で受取ります。特に何もオプションを付けなければ中に入っているのはWiFiルーター本体充電用アダプターのみ。WiFiルーター本体にはWiFiに接続するときのSSIDパスワードが記載されています。

いつもスマホ用のモバイルバッテリーを持ち歩いているので、それを兼用することにして出かけるときはWiFiルーター本体だけをポケットに入れて持ち歩いていました。なので特に邪魔になるような感じは無かったですね。
2018020802
ルーターのタイプは何種類かあるようですが操作方法はそれほど変わりません。
操作はとてもカンタン。基本的に触るのは電源ボタンだけです。ボタンを長押しすると電源が入ります。
2018020803
電源が入りました。起動するまで十数秒かかります。
2018020804
完全に起動しました。これで完了です。しばらくするとスリープモードになってディスプレイが消えますが電源はONの状態なので心配する必要はありません。
2018020805
電源をOFFにするときも同様に電源ボタンを長押しするだけでOKです。
2018020806

WiFi接続方法(iPhoneの場合)

【手順1】
設定」をタップします。
20180208i01【手順2】
Wi-Fi」をタップします。 20180208i02【手順3】
Wi-FiのスイッチをタップしてONにします。 20180208i03【手順4】
WiFiルーター本体に記載されているSSIDをタップします。 20180208i05【手順5】
WiFiルーター本体に記載されているパスワードを入力して「接続」をタップします。 20180208i06【手順6】
これで接続されました。以上で完了です。 20180208i07

WiFi接続方法(Androidの場合)

【手順1】
設定WiFiのスイッチをタップしてONにします。
20180208a01【手順2】
WiFiをタップします。 20180208a02【手順3】
WiFiルーター本体に記載されているSSIDをタップします。 20180208a03【手順4】
WiFiルーター本体に記載されているパスワードを入力して「接続」をタップします。 20180208a04【手順5】
これで接続されました。以上で完了です。 20180208a05

使用する上での注意

今回レンタルしたのは3G大容量のプラン。1日あたり500MBの容量制限があります。容量を超えると通信停止や速度低下などの可能性があります。

プランごとに定めている通信量より多くご利用された場合、各国の通信会社のFUP(フェアユーセージポリシー)に抵触し、回線が停止したり速度が低下する可能性がございます。
イモトのWiFiのHP「よくある質問」より引用

参考までにデータ通信量400MBで利用できる目安は以下の通りです。

利用方法 使用可能数
メール(300文字) 約80,000回
ホームページ閲覧(例:Yahoo!トップページ) 約1,739回
Skype音声通話(Skype同士 約133分
動画閲覧(480p:高画質) 約22分
LINE(テキストメッセージ:最大500文字) 約200,000回

上の表を見て分かるように動画などを閲覧するとあっという間に容量を使い切ってしまうので、なるべく控えるようにしましょう。

Google MapSNSなどをメインに使用して、動画ネット検索などはできるだけ無料WiFiの環境があるときに行うようにして容量をセーブすることをおすすめします。
※SNSでも写真や動画をアップロードしたり閲覧したりすると大きな通信量が発生しますよ。

実際に使用してみた感想

上手く使えばほぼストレスなし

3Gということだったのであまり過度な期待はしていなかったのですが、予想に反して快適に利用することができました

ただ、やはりある程度工夫して使用はしています。主な使い方としては、街中でGoogle Map、メールチェック、TwitterやFacebookなどのSNSなどを使用していました。動画の閲覧やWebサイトの閲覧などは極力無料WiFiの環境がある中で利用するようにしていました。

また使用していないときはこまめに電源を切るようにしていたのでバッテリーもまあまあ問題なし。ちょっと面倒くさいところはありますが、通信速度にしてもデータ容量にしてもほぼストレスなく充分使えると判断できる結果だったと思います。

ネット検索などではさすがに4Gに比べて速度に劣る部分はありますが、そこまで気になるほどではありません。どうしても普段と同等の快適さを求めるのであれば4Gのプランにするのもよいと思います。

また4GであればWi-HO!(ワイホー)のレンタルWiFiのプランの方が安いのでこちらもおすすめです。

通信速度測定結果

〇台北駅
 日曜日の午後3時頃測定

18Mbps出てます。3Gでこれくらいなら文句ありません。
20180208t01〇西門駅付近
 平日の午後12時頃測定

こちらも18Mbps出てます。快適に利用できました。
20180208t02

返却について

返却方法を「空港で返却」「宅配で返却」「東京本社で返却」の3つがありますが、大部分の方は「空港で返却」「宅配で返却」を利用すると思いますので、この2つについて少し解説したいと思います。

空港で返却

イモトのWiFiが指定する空港でレンタル機器を返却することができます。料金も発生せず返却BOXが設置されている場所であれば24時間返却可能なので一番おすすめの返却方法です。返却場所についてはイモトのWiFiのHPに記載されています。
参考:宅配で、空港カウンターで、選べる受取・返却方法|海外WiFiレンタル【イモトのWiFi】

今回返却ポストを利用しました。ポーチごと返却ポストに投函すればOKです。
2018020899

宅配で返却

帰宅した後ゆっくり返却すればよいので楽なのですが送料は負担する必要があります。

宅配で返却する場合、帰国日の翌日までに返送すればOKです。具体的に言うと帰国日の翌日まで(翌日中)に返送の手続きをすればよい、ということです。

手続き後に配送に遅延などが生じたとしてもそれは問題ありません。配送の手続き自体が遅れた場合は延滞料が発生するので注意しましょう。

まとめ

実際に使ってみたところWiFiレンタルはかなり便利、という感想です。個人的にはイモトのWiFiであれば3G大容量プランで全く問題ないと思いました。

WiFiルーター本体も小さくてポケットに入れて持ち歩きしても邪魔にならず問題なし。操作も簡単なのでいいですね。プリペイドSIMが使えないという人はWiFiレンタルを利用するのをおすすめします。

イモトのWiFiは30日前の予約は10%OFF、45日前の予約は15%OFF、60日前の予約は20%OFFという早割があるので、すでに旅行の予定が決まっているのであれば利用するとお得です。


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク