4G/LTEが使い放題! 台湾専門レンタルWiFiのFUN WiFiを使ってみた




台湾のみならず海外旅行へ出掛けたときの現地でのネット接続は大きな課題の1つ。日本の通信キャリアのパケット定額制サービスは料金が高いので正直おすすめしません。台湾では無料Wi-Fiサービスが充実しているのですが、やっぱり街中を歩いているときに「Googleマップを使いたいのでどうしてもネットに接続したい」という状況はよくありますよね。そんなときはレンタルWiFiが有効な手段の1つ。いろんな海外レンタルWiFiサービスがあるのですが、今回はなんと4G/LTE使い放題のプランが利用できるという台湾専門WiFiレンタルサービス「FUN WiFi」を紹介したいと思います。
※アイキャッチ画像及びページトップ画像はFUN WiFi HPより引用

パケット定額制サービスよりWiFiレンタル

台湾でのネット接続についてはプリペイドSIMを購入する方法が安くておすすめなのですが「持っているスマートフォンがSIMロック解除できない」「プリペイドSIMは難しそうなので自信がない」という人にはWiFiレンタルがおすすめです。

日本の通信キャリアには以下のようなパケット定額制サービスが用意されています。
ドコモ:海外パケ・ホーダイ
ソフトバンク:海外パケットし放題
au:海外ダブル定額
特に何も準備する必要が無くてスマホを持って行けばそのまま使えるという便利な反面、料金が高額なのがネック。滞在期間が長くなるとバカにならない金額になってしまいます。

今回利用したFUN Wifiとパケット定額制サービスの料金を具体的に比較してみましょう。

以下の条件でそれぞれの方法を利用した場合の料金を比べてみます。
・3泊4日として4日間利用
・1日300MB(※1)以上利用したとする

商品/サービス 料金 内訳
ドコモ
海外パケ・ホーダイ
11,920円 2,980円×4日
FUN Wifi
4G/LTE 無制限
2,720円 680円×4日

※1 データ通信量300MBで利用できる目安
WEB閲覧:約1,200ページ
Youtube閲覧:約2分30秒
MAP閲覧:約80回

これを見ればその違いはもう一目瞭然ですよね。差額は何と9,200円にもなります。WiFiレンタルを使った方がいかにお得かというのがお分かりいただけるかと思います。

FUN Wifiについて

4G/LTEが何と使い放題!

FUN Wifiは台湾の桃園國際空港にカウンターを持つ台湾専門のWifiレンタル会社。台湾最大手の通信キャリア「中華電信」の回線を使用しているので現地で快適にネット接続することが可能です。
参考:台湾現地空港Wifiカウンターで受け取れる!【Funwifi】

FUN Wifiの最大の特徴は4G/LTE・容量無制限というプラン。つまり4G/LTEが使い放題なのです。しかも驚くのがその料金でなんと1日680円

CMで有名なイモトのWiFiが3G・大容量(500M)で1日680円なのでいかにお得かというのが分かると思います。またFUN Wifi最大5端末まで接続可能。容量無制限なので複数人で使う場合のメリットが大きくグループでの旅行などにおすすめです。

受取・返却は国内、現地ともに可能

レンタル機器の受取・返却は現地台湾、日本国内ともに可能です。ただし国内で受取の場合は1,000円の手数料が発生するので現地受取の方がお得ですね。

詳細はをFUN Wifiホームページを参照
参考:受取と返却(FUN Wifi台湾)

〇受取方法
【国内受取方法】
〇空港郵便局受取
 成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、新千歳空港の空港郵便局で受取可能。
〇郵送
 利用開始日の前日までに指定場所の郵便受けへ配達。在宅の必要なし。
〇宅配
 利用開始日の前日に指定の場所へ配達。配達時に在宅の必要あり。

【現地受取方法】
桃園国際空港 第1ターミナル、及び第2ターミナルの専用カウンターで受取。

〇返却方法
【国内返却方法】
同封されたレターパックでポストに投函。利用終了日(帰国日)翌日の消印まで有効。遅れた場合は延長料金が発生。

【現地返却方法】
桃園国際空港 第1ターミナル、及び第2ターミナルの専用カウンターで返却。

〇受取・返却手数料

受取・返却 国内 台湾
受取 1,000円 無料
返却 無料 無料

※エクスプレス配送は別途1,000円必要。

〇受取・返却に関する注意事項
・日本国内で受取の場合は返却も日本国内、現地で受取の場合は返却も現地となります。
・現地で受取・返却する場合、受取は申し込み時にターミナルを指定しますが、返却はどちらでも可能です。
・現地受取可能な空港は桃園国際空港のみで台北松山空港は不可です。

当日でも申し込み可能

現地受取であれば当日でも申し込み可能です。エクスプレス予約として1,000円の手数料が発生しますが、うっかりWiFiレンタルの申込みを忘れていた場合などでも利用できるので便利ですね。

FUN Wifiの申し込み方法

レンタルWiFiの申し込みは下記のFUN Wifiの公式HPより行います。
安い!簡単!便利!台湾現地空港Wifiカウンターで受け取れる!【Funwifi】

予約する」をクリックします。
開始日」「開始日」を入力して受取方法を選択します。ここでは「台湾桃園空港受取」を選択します。
プランを選択します。ここでは「桃園空港カウンター受取 台湾ルーター無制限プラン」を選択します。
予約する」をクリックします。
個人情報入力画面が表示されます。この時点で選んだプランの他にオプションが既に選択された状態になっているので不用であれば選択を解除しましょう。
オプションを解除する場合
例えば「あんしん100%補償サービス」の選択を解除してみます。
あんしん100%補償サービス」をクリックします。
削除」をクリックします。これで「あんしん100%補償サービス」の選択が解除されます。
同様に他のオプションも不要であれば選択解除します。下の画面はオプションが全て選択解除された状態です。
オプションを選択する場合
オプションが必要であれば選択します。例えば「モバイルバッテリー(行動電源)」を選択してみます。
モバイルバッテリー(行動電源)」をクリックします。
予約する」をクリックします。
アイテムを追加する」をクリックします。
モバイルバッテリー(行動電源)」が選択されているのが分かりますね。
続いて氏名、メールアドレス、電話番号など必要事項を入力のうえ「利用規約を確認して、承諾します。」にチェックを入れ「予約する」をクリックします。
※「桃園空港受取カウンター」は第1ターミナル、第2ターミナルから選択します。
※「受取予定時間」はおおよその受取時間を選択します。

クレジットカード情報を入力して「Pay ¥X,XXX JPY」をクリックします。
これで申し込み完了です。後は現地到着後に空港でレンタル機器を受け取るだけです。
申し込みが完了すると入力したメールアドレスに予約完了通知のメールが届きます。
現地でレンタル機器を受け取るときはこのメールを見せればOKです。念の為プリントアウトしてもよいですね。

現地到着前にしておくこと

機内モードをONにしておく

自動的に通信が行われて高額のパケット料金が発生するのを避ける為、機内モードをONにしておきましょう。

設定 から機内モードのスイッチをタップしてONにします。
2018020803

Appのバックグラウンド更新をオフにしておく(iPhoneの場合)

iPhoneを使用している場合はAppのバックグラウンド更新の設定をOFFにしておきましょう。意識せず大量のデータ通信が発生してしまう可能性があります。

設定>一般>Appのバックグラウンド更新>Appのバックグラウンド更新 から「オフ」をタップしてAppのバックグラウンド更新をオフに設定します。
2018020804

現地でレンタル機器を受取る

受取・返却カウンターの場所

現地でレンタル機器の受取・返却を行う場所は桃園国際空港の第1ターミナル、および第2ターミナルです。台北松山空港では受取・返却はできません

桃園国際空港第1ターミナル、第2ターミナルの受取・返却カウンターの場所は以下。

第1ターミナル
カウンター営業時間:6:00~24:00(年中無休)
※画像はFUN Wifi HPより引用

第2ターミナル
カウンター営業時間:6:00~24:00(年中無休)
※画像はFUN Wifi HPより引用

レンタル機器の受取方法

レンタル機器の受取方法は簡単。受取・返却カウンターへ行って予約完了通知のメールを見せるだけでOK。
※下の写真は第1ターミナルの受取・返却カウンター

念の為に予約完了通知のメールに含まれる予約確認書をプリントアウトして行きました。

レンタル機器はこのようにポーチに入った状態で受け取ります。

現地での使用方法

現地でレンタルWiFiを利用するときの操作手順を説明します。

WiFiルーター本体の電源ON・OFF

特に何もオプションを付けなければポーチの中に入っているのはWiFiルーター本体充電用アダプターのみです。

私物のモバイルバッテリーがあるので出かけるときはWiFiルーター本体だけをポケットに入れて持ち歩いていました。本体は手のひらにのるくらいの大きさなので特に邪魔になるような感じは無かったですね。

操作はとてもカンタン。基本的に触るのは電源ボタンだけです。ボタンを長押しすると電源が入ります。電源を切るときも同様です。

電源が入りました。起動するまで十数秒かかります。

完全に起動しました。しばらくするとスリープモードになってディスプレイが消えますが電源はONの状態なので心配する必要はありません。ディスプレイにはWiFi接続用のSSIDとパスワードが表示されています。

WiFi接続方法(iPhoneの場合)

【手順1】
設定」をタップします。
【手順2】
Wi-Fi」をタップします。
【手順3】
Wi-FiのスイッチをタップしてONにします。
【手順4】
WiFiルーター本体に記載されているSSIDをタップします。
【手順5】
WiFiルーター本体に記載されているパスワードを入力して「接続」をタップします。
【手順6】
これで接続されました。以上で完了です。
 

レンタル機器を返却する

今回は現地の桃園国際空港でレンタル機器を受け取ったので、返却も同様に桃園国際空港で行いました。

受取は第1ターミナルでしたが返却は第2ターミナルで行いました。桃園国際空港であれば受取・返却のカウンターは同じでなくても構いません

こちらが第2ターミナルの受取・返却カウンター。営業時間外だったので返却箱を利用します。

返却箱にポーチを投入すればOKです。

まとめ

さすが台湾最大手である中華電信の回線を使用しているだけあって通信速度は問題なし、ストレスなく快適に使用することができました。それにやっぱり嬉しいのは無制限の使い放題なので容量を気にしなくてよいところですねー。

一応、無料WiFiスポットでは電源を切って無料WiFiを使うようにしていたのでバッテリーについても問題なし。ちょっと面倒くさいところはありますが、通信速度にしてもバッテリーにしてもストレスなく快適に使えると判断できる結果でした。

国内受取だと手数料が発生するので現地受取の方がお得。なので台湾での受取に関して特に問題ないならFUN WiFiは格安なうえに4G/LTEが使い放題と非常におすすめですね。


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク