台湾のコンビニに漂う、あの匂いの正体は? コンビニで茶葉蛋を買ってみる




台湾のコンビニに初めて入ったとき、強烈な匂いに驚いたという人は多いですよね。自分そのときの経験は今でもはっきり覚えています。コンビニの中を歩いていれば、その正体はすぐに分かると思います。セルフコーナーに茶葉蛋という黒い液体の中で煮込まれている玉子が置いてあるのですが、この液体が匂いの元ですね。たぶんほとんどの人は「なんだろうなーこれ」と眺めるだけで素通りしているのではないかと思いますが、ちょっとこの茶葉蛋の買い方などを紹介してみたいと思います。

ファミリーマートで茶葉蛋を買う方法

茶葉蛋は台湾のコンビニに行くとほぼ間違いなく置いてあるので、どこでも買えるのですが今回はファミリーマートに行ってみました。
2017102601_1
これが茶葉蛋。鍋に黒い液体が入っていてその中で玉子が煮込まれています。台湾のコンビニ特有の匂いの正体はこれですね。
2017102602
茶葉蛋を買いたい場合は、トングとビニール袋があるので・・・
2017102603 2017102604
トングで茶葉蛋を取って・・・
2017102605
ビニール袋に入れます。
2017102606
2017102607
それをレジに持って行って清算します。
2017102608
茶葉蛋を食べるときのコツ。袋に入れたままゴロゴロと転がして殻を割ります。
2017102609
袋に入ったまま殻をむきます。殻をむいたらそのまま食べればOK.
2017102610
ちょっとお皿に移してみました。もともと味が染み易いようにヒビをいれて煮込んでいるのでヒビに沿って色がついてますね。全体的にうっすらと茶色がかっています。

玉子を煮込んでいた黒い液体は八角や茶葉などが含まれていて、強烈なにおいは八角のものですね。小さな袋入りになった茶葉蛋の素がスーパーなどでも売られています。
2017102612
一口。味の方は匂いのインパクトほどではありませんね。ほんのり八角の風味がするだけでほぼ普通のゆで玉子とかわらないような・・・ 匂いで敬遠してた人もあまり気にならないと思いますよ。
2017102613
日本では見ることのできない台湾のコンビニならではの体験なので、興味があったらぜひ買ってみてください。


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク