悠遊カード(EasyCard)はどうやってチャージするの? チャージの方法を解説します

2017062001
スポンサードリンク

台湾のSuicaこと悠遊カード。MRTはもちろんのことバスやコンビニ、更にはYouBikeでも利用可能と1枚あれば大活躍の便利なツールです。ある程度のお金をチャージしておけば現金を使うことなく快適に観光を楽しむことができます。さてその肝心のチャージの方法ですが「初めて台湾へ行く」という方は当然どうすればいいのか気になるところですよね。そこで今回はMRTの駅に設置してあるチャージ機を使って悠遊カードをチャージする方法を紹介します。

悠遊カード(EasyCard)をチャージする方法

悠遊カードをチャージする方法はいくつかあります。
1.MRT駅のインフォメーションでチャージする。
2.コンビニでチャージする。
3.チャージ機でチャージする。
今回は「3.チャージ機でチャージする。」の方法について解説したいと思います。

MRTの駅にはたいていチャージ機が設置してあります。下の写真にトークン(MRTのチケットとして使用されるICチップ内蔵のコイン型切符)の販売器が並んでいますが、右の3台は悠遊カードのチャージが可能です(一番右は悠遊カードのチャージ専用機)。

ではチャージ機を使ったチャージの方法を解説していきましょう。
2017062002

チャージ機を使ったチャージ手順

トークン販売機兼悠遊カードチャージ機の場合

下の写真、左の2台はトークンの販売と悠遊カードのチャージの両方が可能です。
2017062003_1
画面に触れると表示が切り替わります。言語の選択が可能で日本語にも対応しています。「日本語」をタップしましょう。
2017062004
ICカードチャージ」をタップします。
2017062005
ICカードをセンサープレート上に置いてください」と指示が表示されます。
2017062006
画面の右側にある台のセンサープレートに悠遊カードを置きます。チャージか完了するまで動かさないようにしましょう。
2017062007
現在の残高が表示されます。必要な金額のお金を入れてチャージします。
2017062008
お金はここから入れます。お札は15枚まで、硬貨は20枚まで入れることが出来ます。
2017062009
200元チャージしてみました。チャージ内容が表示されるので間違いなければ「次へ」をタップします。
2017062010
これでチャージ完了です。センサープレートから悠遊カードを取ってOKです。
2017062011

悠遊カードチャージ専用機の場合

下の写真、一番右は悠遊カードのチャージ専用機です。
2017062003_2
まず画面手前の台のセンサープレートに悠遊カードを置きます。
2017062012
現在の残高(上)が表示されます。下の金額はチャージ可能額です(そこまでチャージする人はいないと思いますが)。
2017062013
お金はここから投入します。使用可能なのはお札のみで100元札、500元札、1000元札です。お釣りはでなくて投入した金額が全てチャージされるので注意しましょう。
2017062014
現在の残高、今回チャージした金額が表示されるので間違いなければ「下一」をタップします。
2017062015
チャージ完了。レシートが必要な場合は「列印」をタップ、不要な場合は「不列印」をタップします。
2017062016

残高を確認する方法

悠遊カードの残高を確認するには上記で説明したチャージ機を利用する他にもいろいろと方法があります。
一番簡単なのはアプリを使って確認する方法。

悠遊カードの残高や使用履歴が分かるアプリ「Easy Wallet」の使い方

2017.06.20

また、ちょっと面白いのはMRTの改札を通るときの音で判断するという方法。正確な金額まではわかりませんが100元を切ると音が変わるのでチャージの目安にすることができます。

悠遊カードで改札を通るときの音が3種類あるって知ってた?

2017.03.23


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017062001