花蓮空港から台鉄花蓮駅(花蓮市中心部)にバスで移動する方法




台湾の地方都市で特に人気のある「花蓮」。中でも大自然の作り出した大理石の岩盤からなる大渓谷を見ることができる太魯閣は一度は訪れてみたい観光スポットですよね。さて、台北から花蓮へ行く場合に最も一般的な交通手段は台鉄を利用する方法ですが台湾の国内線を利用するという方法もあります。その場合は台北の松山空港から出発して花蓮空港に到着するわけですが花蓮空港は市内中心部から若干離れた場所にあります。そのため空港到着後市内中心部へ移動する必要があるのですが、今回はバスを利用して花蓮空港から台鉄花蓮駅(市内中心部)に行く方法を解説したいと思います。

※下記の記事も参考にしてください。

台湾の国内線「UNI AIR 立榮航空」を利用して台北から花蓮へ行ってみました

2019.04.13

花蓮空港から台鉄花蓮駅(花蓮市中心部)へ行く方法

花蓮空港は花蓮市中心部(台鉄花蓮駅や繁華街のある場所)からちょっとだけ離れた場所にあります。花蓮を訪れる人の大部分は花蓮駅前や繁華街のホテルに滞在すると思うので空港到着後まずそこまで移動する必要があります。

移動方法はバスかタクシーの2種類。以下双方のだいたいの移動時間と料金です。

バス(花蓮空港~台鉄花蓮駅)
所要時間:約15分
運  賃:25元(悠遊カードを使うと22元)

タクシー(花蓮空港~花蓮市中心部(花蓮文化創意産業園区のあたり))
所要時間:約15分
運  賃:約260元
 

バスで花蓮空港から台鉄花蓮駅へ行く方法

花蓮客運の1123線を利用

花蓮空港から花蓮市中心部へバスで移動する場合は花蓮客運の1123線を利用します。この路線は台鉄花蓮駅を出発して、繁華街~花蓮空港を経由して再び台鉄花蓮駅へ戻るというルートで運行しています。

なので花蓮空港から乗車した場合は台鉄花蓮駅が終点となります。繁華街へ行きたい場合は台鉄花蓮駅から改めて別のバス、またはタクシーで移動する必要があります。

※画像は公路客運乘車資訊查詢系統 HPより引用
 

バスの乗り方や車内の様子

花蓮空港のバス乗り場は空港の建物を出てすぐ右手にあります。

この出口を出て右に行くとすぐにバス停が見えてきます。左へ行くとタクシー乗り場があります。

外に出るともうすぐ先にバス停です。コンパクトな空港はこういう点では便利ですね。


路線のルートと時刻表があります。終点の台鉄花蓮駅は花蓮空港から5つ目の停留所ですね。

この路線はいわゆるシャトルバスとは違うので注意が必要。花蓮空港も1つの停留所にすぎないのでバスが来たら手をあげて乗る意思があることを伝えましょう。ボーっとしてると止まらずに通過してしまう可能性があります。

またスーツケースなどの収納スペースがないので車内に持ち込む必要があります。もし大きな荷物を持っているならタクシーの方がいいかもしれませんね。

支払いには悠遊カードが使えます。乗るときと降りるときにカードをセンサーにかざしましょう。

車内の様子。市内を走っているバスと変わりません。

後方は席がなくだだっ広い空間になってました。スーツケースを固定するような場所もなし。このとき大型のスーツケースを持ってたので仕方なく後方に立って乗ろうとしたんですが「空いてる席に荷物置きなよ」と。

で、こんな感じに荷物をのせてくれました。このときは常客があんまりいなかったので問題なかったのですが常客が多いときはやっぱり荷物が大きいと難しいかな。それとも日頃から常客が少ないんだろうか?

バスの種類はいくつかあるみたいでこんな車内のもありました。やっぱり荷物が大きいと厳しい。

約15分ほどで台鉄花蓮駅に到着です。右に見えるオレンジ色の建物はバスのチケット売り場。太魯閣行きのチケットなども販売しています。その向こうに見えるのが花蓮駅です。

 

注意点

バスはやはり安いのが魅力ですが以下の点に注意です。
「花蓮空港⇒花蓮駅」と「花蓮駅⇒花蓮空港」は同じではない
花蓮空港から花蓮駅へ行く場合、花蓮駅から花蓮空港へ行く場合は利用する路線は同じ1123線ですがルートが違います。なので所要時間や料金が異なるので注意しましょう。花蓮駅から花蓮空港へ行く場合は所要時間もかかるし料金も高くなります。

乗るときは手をあげて意思表示
シャトルバスとは違うのでバスに乗るときは手をあげてバスに乗る意思表示をしましょう。

荷物の収納スペースはない
市内を走るバスと同じなのでスーツケースなど大型の荷物を収納するスペースはありません。車内にもじゅうぶんなスペースはないので大きな荷物を持っている場合はタクシーが無難です。
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク