台北(台北駅・東三門)から桃園空港へリムジンバスで行く方法

2017012601
スポンサードリンク

延期に延期を重ねていた桃園メトロ空港線がようやく開業を迎えようとしています。開業すれば多くの人が利用するであろうことは想像に難くないですね。これまでリムジンバスを利用していた人も乗り換えることが予想されます。しかし中にはやっぱり安いバスの方がいいという人もいると思います。また先日のニュースで、桃園メトロ空港線の台北駅の位置が乗り換えに不便そう・・・という声もあります。

間もなく桃園メトロ(桃園MRT)空港線が開業! でも台北駅のこの位置は・・・

2017.01.15
こういった声を聞くと桃園メトロ空港線が開業した後もリムジンバスには一定の利用がありそうです。というわけで台北駅(東三門)から桃園空港へリムジンバスで移動する方法を紹介したいと思います。

※國光客運の1819線(桃園空港-台北駅)バス乗り場は新たに建設されたバスターミナルに移動しました。(記事下部の追記参照)
2017.2.6  5日時点において降車場所のみ新しいバスターミナルに移動。乗車場所は東三門のままとのことです。

台北駅・東三門

バスで桃園空港へ行くには国光客運(國光客運)が便利。国光客運の1819線(台北駅-桃園空港)のバス乗り場は、台北駅の西側に隣接するバスターミナル「台北西站A棟」が閉鎖されたことにより、昨年10月30日に台北駅東三門(臺北車站東三門)に変更されました。

空港行きを含むバス乗降車場所、台北西站A棟から東三門などに変更

2016.10.25
2017012602
台北駅の東三門出口。この正面にバス乗り場があります。
2017012603

先にチケット購入・悠遊カードも使用可

週末ともなると多くの人が利用します。チケット売り場で先にチケットを購入してから列に並びましょう。桃園空港にて往復のチケットを買っている場合はもちろん購入不要。
※往復チケットは20元安くなります。

リムジンバスで桃園空港から台北駅へ行く方法

2016.12.03
しかし以前のバス乗り場の台北西站A棟は屋内だったのですが、遷移後のこの場所は屋外なので雨が降ったときなど大変そうですよね。
2017012604_1
現在は自動券売機が設置されています。
2017012605
また1819線(台北駅-桃園空港)は悠遊カード悠遊卡EasyCard)が使用可能なので持っている人はチケットを購入せずそのまま列に並んで乗車すればOKです。
乗車する際、運転席の横にセンサーがあるのでタッチして車内へ。空港到着後、バスを降りるときにもタッチします。
2017012608

第1ターミナル〜第2ターミナルの順に停車

後は誘導されるままバスに乗り込んで空港へ出発。
2017012606
空港到着。第1ターミナル〜第2ターミナルの順に停車しますので自分のフライトを確認してバスを降りましょう。
2017012607

追記

2017年3月6日追記
1819線(桃園空港-台北駅)は東三門から國光客運の新しい新しいバスターミナル「台北ターミナル」に移動となりました。

國光客運が台北駅に新たなバスターミナル設置、空港行き(1819線)のバス乗り場は移動

2017.02.06
スポンサードリンク
2017012601