國光客運の新しい桃園空港行きバス乗り場、東三門に行ってみた

2016111300
スポンサードリンク

台北駅の西側に隣接するバスターミナル「台北西站A棟」が閉鎖されたことにより、ここを発着とする路線のバス乗降車場が変更されました。

空港行きを含むバス乗降車場所、台北西站A棟から東三門などに変更

2016.10.25
國光客運の桃園空港行きバス路線1819線も、2016年10月30日から台北駅東側の東三門が新しいバス乗り場として運営されています。実際に東三門へ行ってみましたので詳細を報告します。

※國光客運の1819線(桃園空港-台北駅)バス乗り場は新たに建設されたバスターミナルに移動しました。(記事下部の追記参照)
2017.2.6  5日時点において降車場所のみ新しいバスターミナルに移動。乗車場所は東三門のままとのことです。

國光客運1819線(桃園空港行き)のバス乗り場、東三門

空港→台北駅バスの降車場所と統合

東三門のバス停はもともと桃園空港→台北駅(1819)路線の降車場所となっていましたが、乗車場所もここに統合されたようです。
2016111301
台北駅の東3番出口。この正面の公園路上が東三門バス乗降車場所です。
2016111302
ご覧のように1819線(空港⇔台北駅)は乗車場所、降車場所ともに同一場所に統合されました。
2016111304

屋根付きの待合所を設置

東三門バス乗降車場所となっている公園路上には新しく屋根付きの待合所が完成しています。
2016111303
1819線(空港⇔台北駅)以外の路線の乗降車場所としても利用されます。因みに空港→台北駅のバスは屋根の無いもう少し先(忠孝西路側)の場所で降ろされました。
2016111305
2016111306

チケット売り場も併設

気になるチケット売り場です。もともと降車専用の場所だったので当然無かったのですが乗り場のすぐ近くに新たに設置されていました。
2016111310
ここがチケット売り場です。雨のときなどはちょっと困りそうですね。
2016111307
2016111308
チケット売り場のすぐ先が空港行きのバス乗り場になっています。
2016111309

まとめ

國光客運の1819線(桃園空港行き)の新しいバス乗り場はもともと降車場所であった東三門と統合されました。
他の路線の乗降車場所としても共用されています。
チケット売り場も併設されています。

追記

2017年3月6日追記
1819線(桃園空港-台北駅)は東三門から國光客運の新しい新しいバスターミナル「台北ターミナル」に移動となりました。

國光客運が台北駅に新たなバスターミナル設置、空港行き(1819線)のバス乗り場は移動

2017.02.06

おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2016111300