台湾のコンビニは面白い! セルフコーナーでホットドッグを作ってみよう

2017040101
スポンサードリンク

日本のコンビニのおでんのように、台湾のコンビニにもセルフコーナーがあります。一番有名なのは茶葉蛋という卵を煮込んだもの。初めて台湾のコンビニに入ったとき、強烈な匂いに驚いた人は多いですよね。あの匂いの正体はこの茶葉蛋。他にも焼きイモや肉まん、そして台湾では関東煮と言われているいわゆるおでんもあります。

でも旅行で台湾に行った人の多くは何となく眺めるだけで、実際にこれらの商品を購入した経験のある人は少ないのではないでしょうか?

日本には無いシステムや商品、また似てるけど微妙に違ったところなど利用してみるとなかなか興味深かったりします。このコンビニのサービスを使いこなせるようになるとかなりの台湾通と言えますよ。

7-11セブンイレブンのホットドッグを買う方法

台湾のコンビニのセルフコーナーではホットドッグはお馴染みの商品です。出来上がりの状態を売っているわけではなく自分で作ってレジに持っていくのがちょっと面白いところ。多分、見たことはあるけど買ったことはないし、買い方もよく分からないという人が多いのではないでしょうか。そこで今回は7-11 セブンイレブンのセルフコーナーでホットドッグを買う方法を説明したいと思います。

2017040102

セルフコーナーへ

7-11 セブンイレブンのセルフコーナー。日本だと大体レジ付近にありますが台湾は店によってまちまちですね。ホットドッグの他、肉まんや茶葉蛋、おでんなど同じ場所に置いてあるケースが多いです。台湾ではホットドックのことを熱狗と言います。熱=熱い hot、狗=犬 dog なのでそのままですね(笑)。
2017040103
これがホットドッグのセルフサービス。右に保温器ソーセージ、左にパンが用意されていますね。
2017040104

ホットドッグを作ろう

まずパンの準備です。
2017040105
袋を開けてパンを取り出しましょう。お金を払う前に商品を開けるのはちょっと抵抗があるかもしれませんが大丈夫です。
2017040106
ホットドッグ用の包装紙があるので・・・
2017040107
包装紙でパンを包みます。
2017040108
ソーセージは何種類かあるので好きなのを選びましょう。このときは2種類、4本しかありませんでした・・・(笑)時間帯によって品数が少なかったりします。
7-11 セブンイレブンのソーセージの種類はこちらを参考に。
参考:7-ELEVEN 小七食堂-熱狗大亨

さて、トングが必ず置いてありますのでソーセージを取ってパンに挟みます。ちなみにソーセージだけ買うことも可能で、その場合は串(下の写真ではトングのとなりにあります)に刺したり、袋に入れてレジに持って行きます。
2017040109
チーズ入りの芝士熱狗を選んでみました。後はこれをレジに持って行って清算するだけです。電子レンジで温めてもらうこともできますよ。
2017040110

ソースは無料で貰えます

ケチャップなどのソースは無料の袋入りのものが何種類か置いてあるので好きな物を持っていきましょう。全種類持っていってもOKです。取ってよい数に特に制限はないようなのですが、まあ常識の範囲内にしましょうね。
下の写真で確認できるソースは、甜辣醬スイートチリソース)、芥菜醬(よく分からないのですが芥菜はカラシ菜のことです。マスタードかな?)、蕃茄醬(ケチャップ)、酸黃瓜醬(ピクルスのソース)といったところですね。
2017040111
ケチャップとピクルスのソースでいただきます。
2017040112

イートインスペースでいただきます

店内に大抵イートインスペースが設けられているので(狭い店は無い場合もあります)、ここでいただきます。もちろんテイクアウトしてもOK。その場合はレジで袋をもらった方がいいですね。台湾のコンビニは基本的は袋はもらえず、有料なので欲しいときは「我要袋子ウォヤオダイ)」と伝えましょう。
2017040113
ではケチャップとピクルスのソースをかけていただきます。
味の方はまあ、コンビニのホットドッグなので過度な期待はできませんが・・・ 深夜にお腹が減ったときなどに買ってみるのもいいかもしれませんね。
2017040114


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017040101