日替わりのベーグルが美味しい台南の路地裏カフェ – 最初的地方




今年(2019年)の2月に台南にオープンしたカフェ「最初的地方」。店名を聞いたときにピンときたのです。同じ台南に「自己的房間」というカフェがあるのですが「たぶん姉妹店か何かだろうな」と瞬時に考えました。よく考えると「的」しか一致してないのですが長く台湾を訪れ、多くのカフェを訪ねている経験からの直感、なのかどうか自分でもよく分かりませんが妙な確信がありました。そのことを確かめたいという理由もあって実際に行ってみましたので今回はその「最初的地方」を紹介したいと思います。

最初的地方

1階と2階で雰囲気がガラッと変わる

下は府前路と開山路の交差点の1つ手前にある小さな路地(府前路一段122巷)。

路地に入るとすぐ右手に「最初的地方」が見えます。

こちらが「最初的地方」。目立った看板がないので気付かず通り過ぎそうになってしまいますが、よく見ると入り口付近に小さく「最初的地方」と書かれています。

店内に入るとすぐにカウンターがあるのでメニューをもらって好きな席に着きます。

カウンターには2種類のショップカードが。1つはここ「最初的地方」。そしてもう1つは「自己的房間」という同じく台南のカフェ。思った通り2店は姉妹店でした。予想が当たってちょっと嬉しい(笑)。

1階はカウンター席が数席。落ち着いた雰囲気で好きなタイプのカフェですねー。

2階にも席があるのですが階段の前で靴を脱いで上がる必要があります。

「靴を脱ぐってどんな部屋なんだろう・・・」と思いながら2階へ。

1階のクールな雰囲気とは違って、2階は一転明るい雰囲気の部屋でした。これはリラックスできそうで嬉しいですねー。というわけで2階に座ることにしました。

絵本がたくさん置いてありますね。子供連れでも楽しめそうです。

3種のベーグルとジャムの食べ比べ

注文したのは3種類のベーグルを盛り合わせた「貝果拼盤」と「不只是牛奶」シリーズの「黑糖」。

貝果拼盤100NTD)、不只是牛奶 黒糖ICE120NTD
ベーグルはプレーン、チーズ、レーズンの3種類。毎日違うフレーバーのベーグルが提供されているようです。軽く焼かれたベーグルはサックリとした歯触り、中はモチモチでとっても美味しい。さらに付け合わせのジャムがパッションフルーツとパイナップル、キャラメル、アップルの3種類。個人的にはパッションフルーツとパイナップルのジャムが美味しかったですねー。いろんな味が楽しみたい人にはおすすめのメニューですね。

こちらは「不只是牛奶」シリーズの「黑糖」。ミルクに黑糖のフタがしてあって、クレームブリュレみたいにフタを割ってミルクに溶かしながら飲みます。なかなか趣向を凝らした面白いドリンクですね。

また1つ魅力的な路地裏カフェリストに1軒追加ですねー。落ち着いた雰囲気でのんびり過ごすにはピッタリのカフェですよ。

店舗情報

住所 台南市中西區府前路一段122巷2號
営業時間
13:00~21:00
休日
 
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク