扱っているのは古い時代の思い出、築60年以上の老房子カフェ – 時光

2017100201
スポンサードリンク

台中というのは面白い街で、主要駅である台中駅から遠ざかるほど都会度がアップしていきます。逆に台中駅の周辺はボロボロのビルばかりでなんだかすごく寂れた雰囲気。かつて栄えたエリアが衰退して広々とした市政府、朝馬周辺の開発が進んでいることが原因と思われますが、なかなか興味深いものがあります。駅前のそういった様子は中華路、ないしは五権路あたりまで続いています。自分もこの辺りは古いビルばかりが目立つ雑然とした雰囲気だな〜、と思ってたのですが、そんな中にすごくいい雰囲気の老房子カフェを見つけたので紹介します。

時光

中華路の路地裏に残る老房子

中華路夜市の開催される中華路は台中駅から1㎞ちょっと離れたあたりで台湾大道と垂直に交わる大通り。時光はその中華路の路地裏にあるカフェです。

周りを高いビルに囲まれながらポツンと老房子が建っています。この辺りは古いビルばかりという印象だったのですが、ずいぶんシブい建物が残っていたものですね。
2017100202
2017100203
ちょっとした庭のようなスペースがあり、ここでお茶を楽しむこともできるようです。すっきりときれいに手入れされていていい感じですね。
2017100204
店内に入ってみます。すぐにカウンターがあるのでメニューを受け取って席に着きます。
2017100205
2017100206
フィルムやストラップなどカメラ関係の備品が置いてあるのですが、どうもここではカフェの他に写真の現像や撮影用のスペースのレンタルなども行っているそうですよ。
2017100207
2017100208
2017100209

落ち着いた時間が過ごせる2階のスペース

2階は広々として気持ちのよいスペースです。天井や窓枠など古い部分を上手く残しつつ綺麗に改装はしています。異文化だけどどこか懐かしさを感じような何とも言えない雰囲気です。
2017100210_1
2017100211
ところどころに配置された緑がレトロな雰囲気の中に新しさというアクセントになって単調な印象に留まらない効果になっているような気がします。
2017100212
調度品もいい味を出してますね〜。黒電話が懐かしい。
2017100213
2017100215
メニューです。典茶飲ということで紅茶やミルクティーなどクラシックなお茶が数種。早午餐はブランチメニューですね。ローズマリーチキン、ハム&チーズ、ツナ&コーンの3種類のパニーニが用意されています。
2017100216 2017100217
コーヒーはカフェアメリカーノとカフェラテ。桂花烏龍茶、玄米綠茶、日月潭阿薩姆紅茶の3種の台湾茶も。
2017100219 2017100220
こちらはスイーツメニュー。スコーン、パウンドケーキ、ヨーグルト、トーストなど。フレンチフライ、オニオンリング、チキンナゲットなどのサイドメニューもあります。
2017100221 2017100222
蜜桃鳳梨茶(ピーチ&パイナップルティー)と原味司康(スコーン)をいただきました。

プレーンのスコーン。他にチョコレートフレーバーのスコーンもあります。

原味司康(スコーン)

ピーチとパイナップルの自然の甘さが美味しいフルーツティーです。

蜜桃鳳梨茶(ピーチ&パイナップルティー)(150NTD

繁華街の中華路に出るとずいぶんと賑やか、特に夜になると夜市が開催されるので夕方ごろからは人通りが多くなります。しかし一歩路地裏に入るとにこんな落ち着いた場所があるとは意外でした。周囲の喧騒とはうって変わって、まるで時間が止まったようにのんびりと過ごすことができますよ。

店舗情報

住所 台中市中區仁愛街13巷1號
営業時間
10:00〜19:00
休日
FB 時光


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017100201