豊富な浅煎り豆を揃える楽群街住宅エリアのカフェ – Supple Coffee

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサードリンク

年明けに台中に新しいカフェがオープン。台中からもニューオープンのカフェの情報がよく入ってきます。今回紹介するSupple Coffeeは比較的閑静な住宅街エリアのカフェ。楽群街の五権路寄りの辺りで、この辺はあまり来たとことがないのでどんなところなのかちょっと知りたいところでした。お店の外観の写真を見るとクリアで近代的な印象で、台湾では古い建物を改装したカフェを多く見てきたので逆に新鮮な感じです。メニューも浅煎りのシングルオリジンを主体に扱っているということでなかなか興味深く、どんなカフェなのか実際に行ってみることにしました。

Supple Coffee

楽群街沿いの閑静なエリア

楽群街は柳川の近を通る台湾大道の南側の小さな通りです。台湾大道寄りでは有名な第五市場があり、いつも大勢の人で賑わっていますが五権路の辺りまで行くと住宅街に変わり比較的閑静なエリアとなっています。

Supple Coffeeはその楽群街の住宅街エリアに今年1月オープンしたカフェです。

Supple Coffeeの入るビルは比較的近代的な建物なのでお店の外観も美しく新しさを感じます。台湾では古さを活かしたリノベーションカフェを多く見てきたので逆にちょっと新鮮な感じがします。

オープンしたばかりということや、全面ガラス張りということもあってか透き通った透明感のある印象を受けます。店内も白に統一され装飾も控えめなのですごく落ち着いた雰囲気です。

充実した浅煎りのシングルオリジンメニュー

メニューの中心はシングルオリジンで、他にはラテやミルクティーなどが数種類、また桂花烏龍や東方美人などのお茶も用意されています。

台湾ではあくまでメインはコーヒーであってもお茶を銘柄でメニューとして扱っているカフェが多いのが特徴ですね。さすがにお茶の文化が発達しているということが影響しているのでしょうか。日本もお茶の文化はありますがカフェでこのようにお茶を扱っているのはあまり見かけませんよね。
2017031406 2017031408
こちらがシングルオリジンのメニュー。浅煎りがメインでずらっと十数種類の豆がリストに並んでいます。130元のメニューは3杯で200元(130元以上のメニューはその差額をプラス)という割引があります。
2017031407
このお店をオープンする以前、豊原にある咖啡葉で働いていたらしくコーヒー豆もそこで焙煎されたものを使っているようです。

さっそくシングルオリジンをいただきました。グラス入りと共に提供してくれます。

Ethiopia Sidamo Natural SASABA 西達摩 日曬(エチオピア シダモ)(130元

KOTOWA KOOI Reserva 巴拿馬科伊日曬(パナマ コトワ)(130元

スイーツメニューはカウンターの黒板に書かれています。他にもシフォンやチーズケーキなどありましたが台湾らしいメニューのウーロン茶プリンを注文しました。これがウーロン茶の風味が良くてなかなか美味しかったですよ。

高山烏龍布丁(ウーロン茶プリン)(100元

手作りのクッキーをサービスしてくれました。

この辺りは飲食店もまばらであまり観光で来る機会は少ないかと思いますが、逆に言うと何気ない生活感が感じられる場所でもあります。そんな中で美味しいコーヒーとスイーツを落ち着いた雰囲気のお店でいただくというのもよいのではないでしょうか。スタッフの親切な対応も心地よいおすすめのカフェですよ。

店舗情報

住所 台中市西區樂群街249號
営業時間
11:00〜20:00
休日  月曜
FB Supple Coffee


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
OLYMPUS DIGITAL CAMERA