萬華の古蹟「萬華林宅」を改装したスターバックス – 星巴克 艋舺門市




台北の龍山寺、また龍山寺周辺は観光スポットとして日本人観光客にも人気のあるエリアですね。しかし台鉄萬華駅のある南側のエリアまで足を延ばす人はあまり多くないのではないでしょうか。賑やかな龍山寺近くに比べるとやや寂しい雰囲気はありますが味のある街並みがあり美味しい小吃が食べられるお店もあります。今回はこのエリアにある台湾のスターバックスで「特色門市」と呼ばれるユニークな店舗「星巴克 艋舺門市」を紹介したいと思います。

星巴克 艋舺門市

台北市の古蹟「萬華林宅」

MRT龍山寺駅から歩いて5分弱ほどの西園路沿いに建つ赤レンガで覆われた建物は、かつて貿易業で富を築いた林細保氏によって1935年に建てられた邸宅で「萬華林宅」と呼ばれています。現在では台北市に古蹟として指定されています。

建物の北側の外観。

南側の外観。こちらにはスターバックスのマークがありますが1、2階をスターバックスの店舗として使用しているのです。

西園路から見た正面。窓枠や装飾などヨーロッパの建築を意識したデザインと思われます。こうしてみると土地の形状に合わせて台形をやや崩した形に造られているんですね。

4階部分は屋上に建てられたいわゆる「頂加」でしょうか? 瓦屋根があって日本建築を思わせる建物があってなかなかユニーク。

これは建物を上からみた図形ですね。

1、2階をスターバックスとして使用

台湾のスターバックスには「特色門市」と呼ばれるユニークな店舗があるのですが、ここ「艋舺門市」もその1つです。

萬華林宅」の雰囲気をそのまま残して改装されています。

こちらは1階のテラス席。建物の背面部分にあたります。

2階の席へ行ってみましょう。

2階は広々として席数も多いですね。

明るすぎず暗すぎず、この何とも言えない光の加減が個人的に気に入っています。

バルコニーに出てみました。1階のテラス席の真上にあたります。

かつての面影を残す邸宅の中にいると当時の街の様子が目に浮かんでくるようです。昔はどんな賑やかな雰囲気だったのだろうと思いを巡らせながら飲むコーヒーもいいものですね~。

3、4階は予約制で参観可能なので興味のある方は行ってみるといいですね。

台湾には他にもちょっと変わった店舗のスターバックスがあるので下記記事を参考にしてください。

美しいバロック建築の店舗はスターバックス リザーブ® 取扱店 - 星巴克 保安門市

2017.03.04

箱舟のような独特の形をした台中のスターバックス – 星巴克 向心門市

2017.08.09

花蓮のコンテナを利用したスターバックスに行ってみた - 星巴克 洄瀾門市

2019.03.26

店舗情報

住所 台北市萬華區西園路一段306巷24號
営業時間
7:30~22:00、土日8:30~22:00
休日
 
HP
 

スポンサードリンク