台南という街における重要なプレーヤー – St.1 Cafe’ / Work Room

2017121201_1
スポンサードリンク

台南駅の1つ隣の駅、大橋駅のあたりは永康区と呼ばれるエリアで、さすがに観光客でこの辺まで来る人はあまりいないのではないかと思います。それでも駅から南へ延びる中華路という大通り沿いには人気のある飲食店がたくさんあって台南を何度も訪れているという人はちょっと気分を変えて行ってみるのも面白いと思います。更に中華路を過ぎてもう少し東へ行くと飲食店の数は減ってちょっとした高級住宅街のようなエリアが姿を見せます。「こういう所なら住んでみたいな〜」と思わせるのんびりした雰囲気です。今回はそんな落ち着いた閑静な場所にあるスタイリッシュなカフェ、St.1 Cafe’ / Work Roomを紹介します。

St.1 Cafe’ / Work Room

永康区のスタイリッシュなカフェ

St.1 Cafe’ / Work Roomは大橋駅近くのロースターカフェ。大橋駅は台南駅の1つ隣の駅でこの辺りは永康区といいます。お店の周辺は飲食店などのお店は少なく、比較的新しい住宅が多いですね〜。ちょっとした高級住宅街といった印象です。St.1 Cafe’ / Work Roomの外観ははそんなエリアにマッチしたスタイリッシュな雰囲気。
2017121202 2017121203 2017121204
お店の中もちょっと大人向けのクールな感じ。台湾ではこういう雰囲気を工業風格といって表現するんですよね。インダストリアルというとちょっと言い過ぎかもしれませんが高い天井や打ちっぱなしの壁などがそういった印象を与えます。
2017121205 2017121206 2017121207 2017121208 2017121209
2階にも小さなスペースがあります。テーブル席が1つとカウンター席が4つほど。
2017121210 2017121211 2017121212 2017121213 2017121214
日本の雑誌があるのでゆっくり時間を潰すときにはよいかも。
2017121215

拿鐵(カフェラテ)と提拉米蘇(ティラミス)

メニューです。こちらはエスプレッソベースですね。美式咖啡(カフェアメリカーノ)、卡布奇諾(カプチーノ)の他に焦糖(キャラメルラテ)、棒果(ヘーゼルナッツラテ)、香草(バニララテ)などのフレーバードラテなど。ちなみに可樂咖啡(コーラコーヒー)というのが特徴的なメニュー。
2017121216
こちらは單品咖啡(シングルオリジンコーヒー)。他にお茶や紅茶などもあります。お茶や紅茶のメニューが結構種類豊富に揃っているのが台湾のカフェの特徴なんですよね。
2017121217
最後のページにはフードメニューが。キッシュやティラミス、チーズケーキなどがありますね。
2017121218
拿鐵(カフェラテ)と提拉米蘇(ティラミス)を注文。

拿鐵(カフェラテ)(150NTD

提拉米蘇(ティラミス)(120NTD

カフェラテもティラミスもさすがのクオリティ。何より街の雰囲気も含めて存在感のある素晴らしいカフェですね。台南の中では貴重な存在ではないかと思います。

St.1 Cafe’ / Work Roomは民族路の路地裏にあるParipari apt.という複合型ビルの2階に入るカフェもプロデュースしています。台南では街の雰囲気に溶け込んでいくようなカフェが多い中、St.1 Cafe’ / Work Roomは若者をリードして街を造っていくスタイルのカフェのように見えます。今後もちょっと注目していきたいですね。
2017121223

店舗情報

住所 台南市永康區大橋一街328號
営業時間
9:30〜18:30
休日 月火
FB St.1 Cafe’ / Work Room


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017121201_1