台北カメラ街のスタイリッシュなカフェ – 鬧咖啡 NOW coffee




台北駅の周辺は当然のごとくホテルや飲食店が多く一見して繁華街と分かる台北でも屈指の賑やかなエリア。また古い街並みなんかもまだ残っていていろいろと見どころのある場所なんです。ただ、どちらかというとチェーン店や小吃店が多くお洒落なカフェなどはあまり見かけません。このへんは忠孝復興をはじめとする他の繁華街とは若干違うところですね。そんな中でこの台北駅周辺エリアにちょっと気になるスタイリッシュなカフェが昨年(2017年)オープン。実際に行ってみましたので今回はその「鬧咖啡 NOW coffee」を紹介します。

鬧咖啡 NOW coffee

カメラ街に現れたちょっと気になるカフェ

台北の北門の南側にある博愛路、開封街一帯はカメラ関連のお店が集まる相機街(カメラ街)と呼ばれています。そのカメラ街に昨年(2017年)の夏にオープンしたカフェが鬧咖啡 NOW coffee

正面部分の角が局面になっているのが印象的な建物でブラックに塗装されたシックな印象です。この建物も元々はライカの専門店だったそうです。
2018041502_1
店名である「」という文字が目を引きますね。「」には騒がしい、やかましい、にぎやかである、といった意味があるようです。
2018041502_2
1階の通りに面した側にはテイクアウト用のカウンターがあります。この部分だけを見るとお洒落なコーヒースタンドといった感じですねー。
2018041504
こちらがテイクアウト用のメニュー。
2018041505
イートインの入口が見当たらないので店員に聞くと、こちらのビルの脇の入口から入るそうです。知らないとここから入ろうと思わないですよね(笑)。
2018041506 2018041507
1階にもわずかに席がありますが2階の方が広くて快適です。といわけで2階へ上がりましょう。
2018041508
こちらが2階席。じゅうぶんに席数があって充電用の電源も各席に確保されているのでとっても快適。
2018041510 2018041511 2018041512 2018041513
水、フォーク、ナイフなどはこちらからセルフで。
2018041514
なぜか真っ黒のガチャガチャがありますが・・・
2018041515
メニューは各席に備え付けてあります。台湾のカフェではなかなか珍しいスタイルですね。注文は1階を行うのですが、テーブルに番号があって注文するときにテーブル番号も一緒に伝えます。

メニューの内容はシングルオリジンのドリップコーヒー、衣索比亞(エチオピア)、曼特寧(マンダリン)などがありますね。他に咖啡拿鐵(カフェラテ)、卡布奇諾(カプチーノ)などのエスプレッソベース。フード類はベーグルのサンドイッチやワッフルなどなど。
2018041516_1

苗栗龍眼蜜拿鐵と香焦花生蜂蜜貝果

あああ

バナナ、ピーナッツクリーム、蜂蜜のベーグル。もっちりしたベーグルがなかなか美味しいです。

香焦花生蜂蜜貝果120NTD

台湾ならでは苗栗の龍眼の蜂蜜を使ったハニーラテです。

苗栗龍眼蜜拿鐵・HOT(150NTD

この辺りはあまりお洒落なお店は見かけない台北駅からも歩いて行ける場所なので
2018041523

店舗情報

住所 台北市中正區延平南路58號
営業時間
11:30〜22:00、日11:30〜19:00
休日  
FB 鬧咖啡 NOW coffee


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク