アトリエ、ギャラリーが一体となった神農街の古民家カフェ – 聶樓

2016122801
スポンサードリンク

日本人にとって今やすっかり人気の観光地となった台南ですが、その人気が集まり始めた当初注目されたのが神農街。ライトアップされたノスタルジックな雰囲気の夜の神農街は多くの観光客を魅了したに違いありません。立ち並ぶ古い建物はこれぞ台南というべき魅力のある老房子ばかりで歩いているだけでも楽しいものです。今回紹介するのはそんな老房子の1つを利用した、アート、ワークスペースと融合したカフェ「聶樓」です。

聶樓

かなり年季の入った老房子

神農街の海安路と康樂街の空間あたりにある聶樓。台南では味のある古い建物をよく見かけますが、外観からここまで年季の入ったこの老房子もなかなかのものです。以前訪れた存憶Cafe Barもかなり古い老房子をリノベーションしたカフェでしたが、こちらも負けていませんね。

築100年以上の古民家を改装した台南、國華街のカフェ - 存憶Cafe Bar

2016.10.10
2016122802
2016122803

古さを活かした店内

店内も老房子の魅力が全開! 煉瓦の壁や味のある窓枠など敢えて綺麗に改装せず、古さをそのまま活かしています。何か不思議な落ち着いた空気が存在します。
2016122804
2016122805
2016122806
2016122807
2016122808
2016122809
丸太を輪切り、縦切りにしたテーブルや古い椅子、扇風機などが店の雰囲気にマッチして、一層魅力を増していますね。
2016122810
2016122816
2016122817
メニューに印度奶茶というのがあったので「もしかしてチャイのこと?」と思って店員さんに聞いてみると、そうだとのこと。台湾でチャイというのはあまり聞いたことが無かったので興味があり頼んでみました。

本格的なチャイを期待していたのですが、スパイスの効いた味ではなくチャイの風味の甘いミルクティーといった感じ(笑)。まあこれはこれで美味しいです。

印度奶茶・アイス(100元)
2016122818

店の奥に更にアトリエ、ギャラリーが

カフェの奥に中庭があり、慢慢鳩生活木作というアトリエとして使用されています。
2016122811
2016122812
更に奥に行くと井空間というギャラリーが。京都によくある鰻の寝床のような、ずいぶん縦長な建物ですね。
この建物は聶樓(カフェ)、慢慢鳩生活木作(アトリエ)、井空間(ギャラリー)という3つのスペースが一体となって運営されているのです。
2016122813
2016122814
2016122815
台南はこういった古い建物がたくさん残っているので、老房子をいろいろと見てまわるのも楽しみの一つですね。ここのようにカフェにリノベーションされていることろでは、ゆっくりとお茶を飲みながら老房子の魅力を感じるのもいいものですよ。

店舗情報

住所 台南市中西區神農街76號
営業時間
11:00〜21:00
休日 木曜
FB 聶樓

スポンサードリンク
2016122801