台北東区の繁華街にオープンしたコーヒースタンド – 雨田先生手沖飲品吧

スポンサードリンク

台北の東区といえば若者向けの衣料品店やカフェなどが多く見られるエリア。日本でもショッピングやグルメのエリアとしてガイドブックなどでは必ず紹介されていますよね。台北では新しいカフェが次々オープンしていると度々紹介してきましたが、そう言えば東区でのニューオープンはあまり聞かなかったような・・・ どちらかと言えば繁華街を外して、敢えてちょっと人の少ないようなエリアでのオープンが多かったような気がします。しかし最近そんな東区に新しくオープンしたという小さなコーヒースタンドのウワサを聞いたので行ってみました。というわけで今回紹介するお店は今年の春にオープンした雨田先生手沖飲品吧です。

雨田先生手沖飲品吧

雨田? 日本人ではありません

雨田先生手沖飲品吧はMRT忠孝敦化駅の北側、忠孝東路四段223巷の市民大道寄りに今年の3月にオープンしたコーヒースタンドです。

この辺りはSingle Origin espresso & roast、The Lobby of Simple Kaffa、StayReal Café、COSTUMICE CAFÉといった強豪カフェが多い激戦区だけにちょっと注目です。
2017060902
2017060903
「雨田先生」つまり「雨田さん」という意味なので「ん? 日本人経営者なのかな?」と思ったのですが違うようです。オーナーは雷さんという名前で雷を雨と田に分解して「雨田先生」という店名にしたそうです。
2017060904
ちょっと不思議な形のロゴ。
2017060905
2017060906
2017060907

手沖飲品吧つまりハンドドリップ

店名に手沖飲品吧とあるようにメニューはハンドドリップのコーヒーが中心。グアテマラ、インドネシア、ケニア、タイ、タンザニアなどシングルオリジンが並んでいます。
2017060907_1
他にはミルクコーヒー、ココア、コーヒーにコンデンスミルクを合わせたものなどのアレンジドドリンク。またお茶のメニューも充実しています。お茶を豊富に扱っているというのが台湾のカフェの特徴なんですよね。
2017060908
オーダーするとハンドドリップで淹れてくれます。
2017060909
タンザニアってあまり扱っているのを見かけなかったので注文してみました。キリマンジャロと言えば馴染みがありますね。漢字では吉力馬札羅って書くんですね、ちょっと興味深い。果物のような甘味を感じるすっきりした後味が印象的でした。

坦尚尼亞・吉力馬札羅(タンザニア キリマンジャロ)(90NTD

オーナーはちょっとだけ日本語が分かるようで日本の話題も明るく、いろいろとお話ししながらコーヒーをいただきました。ドリップバッグやオリジナルの商品なども扱っていてオリジナリティを出そうという試みが見られます。

東区の繁華街なのでショッピングや食事でこの辺りは来る機会は多いのではないでしょうか。近くに来たらちょっと1杯美味しいコーヒーはいかがでしょう。
2017060911

店舗情報

住所 台北市大安區忠孝東路4段223巷69號
営業時間
7:30〜18:00 土~日10:00〜18:00
休日  
FB 雨田先生手沖飲品吧


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク