目の前に北門を望む白いロースターカフェ – MKCR 山小孩咖啡




台北の北門周辺ってあんまり行ったことないんですよね。MRT北門駅で降りたことも最近になって2回ある程度です。中華路と忠孝西路という大通りがあってその上を高架橋が通っているという、なんとなく無機質なイメージがありました。ちょっと前に北門近くにある大きな郵便局に行ったとき北門を見てビックリ。高架橋も取り払われてスッキリ広々とした姿がありました。そう言えばこの辺を整備してたって言ってたなー、と過去のニュースを今さら思い出しました。そんな北門近くにちょっと目を引くお店を発見。「MKCR 山小孩咖啡」という真っ白い姿が印象的な自家焙煎のカフェです。

MKCR 山小孩咖啡

目の前に北門広場が広がるロースターカフェ

台北駅の西側にある北門(臺北府城北門)のすぐ近くにあるカフェ。真っ白い建物が印象的なロースターカフェです。以前、近くにある臺北北門郵局に行ったときにちょうどオープンしたばかりでテスト営業してたのを見かけて気になってたので改めて訪問してみました。

目の前には北門広場があります。2016年初めに高架橋が取り払われてずいぶん広々とした印象に変わりましたねー。

これが北門。周辺がきれいに整備されたので観光客の姿が目立ちます。

店名が「MKCR 山小孩咖啡」なんですがMKCRというのはMountain Kids Coffee Roaster の略です。

ロゴは山の上にコーヒーを淹れる子供。かわいいですね(笑)。店名の由来を聞いてみると、オーナーが小さい頃山で育ったからなんだそうです。

お店に入ると焙煎気が目に飛び込んできます。こちらもカラーが白に統一されています。何から何まで真っ白なカフェっていうと東区のFOMO COFFEEを思い出しますね。

こちらがメニュー。よく見ると日本語も併記しています。日本人のお客さんがよく来るので日本語メニューも作ったというのはよくありますが、最近はオープンしたときから日本語も用意してるお店をよく見かけるんですよね。そんなに最初から日本人客がくるんだろうか?

こちらはスーツメニュー。この日は4種類ほど用意されていました。

席は2階にあるので注文・清算をすませたら2階へ上がりましょう。2階からは目の前に広がる北門広場を見渡せます。北門を眺めながらコーヒーを飲みたいのであればカウンター席がおすすめです。

日本語の雑誌が何冊か置いてありましたよ。退屈せずに済みそうですね。

お水などはセルフです。また食後はカップやお皿などをこちらの棚に置いておきましょう。

カフェラテとマンゴーチーズケーキ

注文したのは拿鐵(カフェラテ)と鮮芒奶酪生乳酪(マンゴーチーズケーキ)。

もちろん自家焙煎のコーヒー豆を使ったカフェラテ。滑らかな口当たりとエスプレッソの香りが心地よいほっとする味ですね~。一口飲むととってもリラックスした気分になります。

拿鐵(カフェラテ)(150NTD

角切りのマンゴーがトッピングされたなんとも上品なチーズケーキ。かき氷のマンゴーは存在感ありまくりの自己主張が強いトッピングになってますが、こちらはチーズケーキの味を邪魔しない控えめな存在となっております。濃厚なチーズケーキにマンゴーの甘い香りがマッチして美味しい。

鮮芒奶酪生乳酪(マンゴーチーズケーキ)(150NTD

おや、Harittsのドーナツもあるようですね。今度来たら食べようかな。朝食にコーヒーとドーナツってヤバいんですよね。確実に太るんですが止められない美味しさなんですよね~。

北門を散策するときはぜひ立ち寄ってみてください。おすすめのカフェですよ。

店舗情報

住所 台北市中正區忠孝西路一段126號
営業時間
10:00~18:00
休日
FB MKCR


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク