古ビルに吹き込まれた新しい命、台中忠勤街の老房子カフェ – 里厚來坐忠勤街咖啡店

2017060501
スポンサードリンク

古い建物をリノベーションした老房子カフェが多い地域といえば台南というイメージがありますが、実は台中にもたくさん味のある老房子カフェがあるんですよ。台南に比べると広いうえに、街の情報も今のところあまり日本には入ってこないのでなかなか耳にする機会が少ないと思うのですが、どのカフェも建物の魅力を十分に引き出したノスタルジックであり、お洒落であり、地元では人気のお店ばかりです。今回紹介する里厚來坐忠勤街咖啡店も間違いなくその中の1つに数えられるおすすめのカフェですよ。

里厚來坐忠勤街咖啡店

のんびり、ゆったりな老房子カフェ

国立台湾美術館の近くに忠勤街と呼ばれる小さな通りがあります。大通りの林森路から忠勤街に入ってすぐの辺りに、その一部だけ2階建ての建物が並んでいる一角があります。里厚來坐忠勤街咖啡店はその建物の中の1つを改装した自家焙煎の老房子カフェです。
2017060502
2017060503
2017060504
2017060506
2017060507
店内に入ると部屋の半分がカウンター席、もう半分がコーヒー豆の焙煎用の作業スペースになっています。その間を仕切る壁には大きな黒板がありメニューが書きだされてます。
2017060508
部屋の片隅に鎮座する焙煎機。背後の棚が何か古い薬屋を思わせるようないい味を出していますね。
2017060509
2017060510
更に奥に行くと広々とした大きな部屋があります。なんとなく倉庫のような感じの空間。古さをそのままにした魅力のあるスペースですね〜。余裕を持ってテーブルが配置されているのでゆったりしてリラックスできそうです。
2017060511
部屋には植物がたくさん飾られているので気持ちよいですね。
2017060512
2017060513
2017060514
古いオモチャや黒電話など。懐かしいですね。
2017060515 2017060516

コーヒーはサイフォンで

黒板を見ながら何を頼もうか考えます。大きいので見やすくてよいですね。
2017060517
里厚來坐忠勤街咖啡店ではサイフォンでコーヒーを淹れてくれます。
2017060518
コーヒーはルワンダをお願いしました。苦味が控えめで爽やかな酸味のスッキリした味。飲みやすくて美味しいですね。

盧安達(ルワンダ)(150NTD
2017060519
店名入りの自家製ブラウニー。チョコレートの濃厚な風味が美味しいです。

布朗尼(ブラウニー)(60NTD
2017060520
カウンター席でお店の人といろいろ会話しながらコーヒーをいただきました。店名の里厚來坐というのは、里厚の発音が你好(こんにちは)の台湾語である「リーホー」と同じ。來坐は「こっちへ来て座って」という意味。つまり「こんにちは、こちらへどうぞ」ということだと教えてくれました。

ほんとに店名のように気軽にお客さんを迎え入れてくれる雰囲気とフレンドリーなスタッフが印象的なおすすめのお店ですよ。
2017060521
2017060522

店舗情報

住所 台中市西區忠勤街155號
営業時間
12:00〜21:00
休日
FB 里厚來坐忠勤街咖啡店


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017060501