元台鉄の宿舎をカフェ&アート空間にリノベーション – 端倪生活

スポンサードリンク

台中市の南隣に位置する彰化県。その彰化県の中心を担う都市が彰化市。台湾中部では台中市に次ぐ中規模の都市として知られています。彰化といえば名物のバーワン(肉圓)をはじめ爌肉飯や拉仔麵など、どちらかというと小吃グルメのイメージの方が強いのですが、実はカフェもなかなか充実しているのです。というわけで今回は彰化駅近くにある古いビルの一角をリノベーションしたお洒落なカフェを紹介します。

端倪生活

元台鉄(台湾鉄路)の宿舎を改装

彰化駅のすぐ北側にある古い3階建てのビル。ここは元々台鉄(台湾鉄路)の宿舎として利用されていました。外観を見ただけではもう使われてないのでは、と思ってしまいそうなんですが、このビルの一角をリノベーションしておしゃれなカフェへと変身したのが端倪生活
2017101202
外観は特に何も手を付けてないんじゃないかと思うのですが・・・ 知らないとこの中がカフェになっているとは思わないですよね。
2017101203
中に入ると外観からは想像できないちょっとしたサロンのようなシックな空間が現れます。
2017101204
あまり小ぎれいにはせず、古さを残していい感じにリノベーションされてますね〜。それにゴチャゴチャと飾り付けをせずにすっきりシンプルな内装が個人的に好感度大です。ギャラリーとしても使用されるようです。
2017101205
2017101206
こちらは小さな小上がり席。
2017101207
大テーブルの席。外から差し込んでくる日差しが気持ちよいです。
2017101208
こちらは2階の席。1階と同じくスッキリとした印象です。ここも明るい陽射しが気持ちよいですね〜。
2017101216
2017101217
2017101218
2017101219
2017101209

アイスクリームが人気なのです

端倪生活で人気なのがアイスクリーム。カフェというよりアイスクリームのお店としての認知度の方が高そうです。
注文カウンターの黒板にマンゴーのアイスクリームがあったので注文しようとすると、これは今無いと。えぇ(泣)、じゃあなんで黒板が・・・ 時間が早すぎたんでしょうか・・・
2017101210
気を取り直してメニューを。それにしてもボロボロのメニューなんですが、演出なのかな?
2017101211
2017101212
さんざん悩んだ挙句、ティラミスのアイスクリームにしました。それとパッションフルーツを使ったジュース。

提拉米蘇がティラミス、聖代というのはサンデーのことです。つまりティラミスサンデー。タヒチバニラを使ったアイスクリームにココアパウダー、ブランデーコーヒー、マスカルポーネチーズ、ビスコッティなどなど、かなり手の込んだアイスクリームなのです。

提拉米蘇聖代(ティラミスサンデー)(110NTD

何種類かあるソーダのパッションフルーツとカルピスのフレーバー。可爾必思というのはカルピスのことなんです。パッションフルーツの果肉が入ってて、種のプチプチした食感が楽しめます。

百香果可爾必思(パッションフルーツとカルピスのソーダ)(140NTD

彰化でも小さなカフェはいくつか見てきましたが端倪生活はわりと規模も大きく、これまであまり無かったタイプのお店ですね〜。彰化もこういったいろんなタイプのカフェが増えてきてこれからますます注目です。

店舗情報

住所 彰化市三民路9號
営業時間
11:00〜21:00
休日
FB 端倪生活


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク