まるでバーのような雰囲気、精明商圈の自家焙煎カフェ – KOPHY

2017022001
スポンサードリンク

台中の精明商圈はちょっとハイソサエティな独特の雰囲気を持ったエリア。そして呼嚕咖啡、目覺咖啡、The Factory Mojocoffeeといった名立たる人気店が集まるカフェの激戦区です。台中で美味しいコーヒー、スタイリッシュでお洒落なカフェを求めるのであればまず精明商圈に来ることをおすすめします。今回はこのカフェ激戦区にお店を構える自家焙煎のロースターカフェ、KOPHYを紹介します。

KOPHY

ちょっと独特な雰囲気の精明商圈

台湾大道と忠明南路の交差点の南西部分、台湾大道、忠明南路、精誠路、精誠十二街に囲まれた辺りは精明商圈と呼ばれるエリア。台中には他にも一中商圈、逢甲商圈、東海商圈などいくつかの有名な繁華街がありますが、ここ精明商圈はちょっと独特。特に台湾大道、忠明南路の交差点近くは高級住宅街といった雰囲気でお洒落なカフェやレストランがたくさんあります。しかも雑多な感じがなくゆったりした優雅なイメージのエリアです。

このエリアでロースターカフェとして店舗を構えるKOPHYもその中の一つに数えて間違いありません。近代的な一軒家のような2階建てのお店で見るからに優雅な雰囲気ですね。この辺はこういったお店が多いんですよ。以前紹介したSolidbean Coffee Roastersも同様ですね。

精明商圈で最もおすすめしたいカフェ - Solidbean Coffee Roasters

2016.10.08
2017022002
テラス席もあってホントにお洒落。こんなところでゆっくり朝食でも食べてみたいですね。
2017022003
店内に入ると先ず目に入ってくるのがバーカウンター。白、黒のモノトーンに赤いシートのチェアというシックな雰囲気です。よくみるとホントにお酒もあるみたいですね。
2017022004
テーブル席も充分リラックスできそうな感じでついつい長居してしまいそうな雰囲気ですね。
2017022005
2017022006
ところでKOPHYという店名はCoffeePhilosophyの組み合わせのようです。でも何故Kなんでしょうね? まあ、CではなくkaffaとかKaffeeという文字を使ったお店もありますからね。
2017022013

シングルオリジンは濃度を3種類から選択

メニューはハンドドリップのコーヒーの他、エスプレッソベースや台湾のお茶、お酒なども。自家焙煎ということなのでやっぱり手沖精品咖啡(ハンドドリップ)をオーダー。ハンドドリップは好きな豆を選んで、A:正常濃度、 B:特濃、 C:特濃+牛(ミルク)の内1つ選びます。豆は瓜地馬拉(グアテマラ)を選択。それにAの正常濃度を選んでみました。
2017022007 2017022008
待っている間に2階を見学。2階もいい雰囲気ですね~、窓が大きくとられて見晴らしが良く気持ちよさそうです。
2017022009 2017022010
コーヒーの焙煎機を発見。
2017022011
1階に戻るとほどなくしてコーヒーが運ばれてきました。う〜ん、香りがよくすっきりした酸味で美味しい。閑静な住宅街のカフェで美味しいコーヒーを飲みながら外の景色を眺めてのんびりとくつろぐのはなんとも言えない贅沢な気分です。

手沖精品咖啡・瓜地馬拉・正常濃度(ハンドドリップ・グアテマラ・通常濃度)(160元)
2017022012
KOPHYでは手作りのフード類もおすすめ。
2017022016※画像はKOPHY FBより引用

2017022017※画像はKOPHY FBより引用

市場や夜市など人通りの多い賑やか場所もいいですが、ちょっと疲れたので静か場所でお茶でも・・・ というときにはこの精明商圈はおすすめのエリア。KOPHYのようにゆっくりと過ごせるお店があちこちにあって重宝しますよ。
2017022014
2017022015

店舗情報

住所 台中市西區精誠八街1號
営業時間
10:00〜19:00
休日 なし
FB KOPHY


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017022001