日本家屋のカフェで食べる「宇宙」なスイーツ – 金錦町 JinJinDing




台北市大安區の一部にはかつて「錦町」と呼ばれた場所があります。現在の和平東路一段、杭州南路二段、及び潮州街の一帯がその場所にあたり、ここには「錦町日式宿舎群」という古い日本建築の建物が今でも残っています。現在その一部がリノベーションされ「金錦町 jin jin ding」というカフェ併設のスイーツ店として利用されています。以前このブログでもこのお店のパイナップルケーキを紹介しましたね。今回再びお店を訪問して今度はカフェを利用してみましたので紹介したいと思います。

金錦町 JinJinDing

日本家屋をリノベしたカフェ併設スイーツ店

台北の人気観光スポットである永康街からやや離れた金華街沿いにある「金錦町 jin jin ding」は今年(2019年)2月にオープンしたカフェ併設のスイーツ店。かつての錦町日式宿舎群の中の金華街84号と86号にあたる古い日本家屋をリノベーションした店舗は日本人であれば懐かしさを感じる印象的な姿です。

建物の右側がスイーツを販売するスペース、左側がカフェとなっています。一見入り口が左右それぞれにあるように見えますが、左側からは入ることはできません。入り口は右側の1つだけです。

右側のこちらが入り口。

店内に入るとすぐにスイーツの販売スペースがあります。カフェ利用の場合は店員さんにその旨を伝えましょう。

奥の廊下を通って左側へいくとカフェスペースがありますよ。

和風の庭もあってまさに町家の雰囲気ですね~。

こちらがメニュー。お店で実際に販売しているケーキを食べることができますよ。

金錦町 jin jin ding」のスイーツは「幾何(幾何学)」をテーマにしています。なのでこのように不思議な形をしたスイーツがズラリ。

幾何(幾何学)をテーマにしたスイーツ

見た目がいちばんインパクトのあるケーキを注文しました。

貴妃260NTD)、貴妃美人茶230NTD

飲み物はコーヒーもありましたがお店の雰囲気に合わせてお茶を選びました。こちらはライチの風味が楽しめる「貴妃美人茶」です。

どうですこのルックス。「宇宙」ですね。なんだか分子構造を思わせるような小さな球体が集まった斬新な形をしています。

いったいどんなスイーツなのかというと「荔枝慕斯(ライチムース)」「天使海綿(たぶんスポンジケーキかな)」「茉莉綠茶凍(ジャスミン緑茶ゼリー)」「全麥餅乾(クラッカー)」で構成されています。ほのかにライチの風味が香るムースはとっても上品な味です。

スイーツはどれもお店で販売されてるので食べて気に入ったスイーツ、食べてないけど気になるスイーツは購入することができますよ。またパイナップルケーキもおすすめなのでぜひ。
こちらの記事も参考にしてください。

錦町日式宿舎群の日本家屋をリノベしたお店のパイナップルケーキ - 金錦町

2019.04.02

店舗情報

住所 台北市大安區金華街84、86號
営業時間
11:00~21:00
休日
 
HP
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク