花蓮で見つけたまるっきり日本なカフェ – 吉光片羽 Roaster Cafe




花蓮中心部の繁華街から美崙溪を渡るとすぐに、かつて日本軍施設として使われていた松園別館という観光スポットがあります。さらに少し先へ進むと閑静な住宅街が広がっているエリアがあるのですが、この辺りには古い日本家屋なども見られます。台北にも支店をもつ有名なスイーツ店「心地日常」の本店もこのエリアにある日本家屋をリノベーションしたお店なんですよ。お店の数は多くありませんが繁華街とはまた違った落ち着いた雰囲気があり歩いていると楽しい場所ですね。というわけで今回はこのエリアにある自家焙煎のカフェ「吉光片羽 Roaster Cafe」を紹介したいと思います。

吉光片羽 Roaster Cafe

お茶屋さんのような和の雰囲気のカフェ

吉光片羽 Roaster Cafe」は中美路から1本南に入った小さな路地にあるロースターカフェです。お店の外観を見るとロースターカフェというより喫茶店、いやお茶屋さんと言った方がしっくりくる雰囲気。この写真だけ見ると日本なんじゃないかと思ってしまいますよね。

ご覧のように日本家屋をリノベーションしたお店です。

これ、ほうきですよね。

赤いパラソルがまさにお茶屋さんを意識してるような雰囲気。背後の道路側に出っ張った部分がキッチンになってるみたいです。ここは後から増築したのかな?

かと思えばテラスにソファ席。なんかいろいろ混ざってるような・・・

店内に入ったらメニューをもらって好きな席へ。

お店に入って右手には靴を脱いであがる小あがりの席があります。窓側には座布団のカウンター席が。

これはシブい。懐かしい柱時計ですねー。

單品咖啡(シングルオリジン)は十数種類ある豆から選べます。もちろん「吉光片羽 Roaster Cafe」の自家焙煎豆です。

コロンビアとケニア

まずは哥倫比亞(コロンビア)をいただきました。コーヒーはクッキー付きです。

哥倫比亞(コロンビア)(120NTD

座布団に座って木の格子窓から外を眺めながらコーヒーを飲むっていうのはなんだか不思議な気分ですね。ここは花蓮のカフェなんですよね。

もう1杯コーヒーをおかわり、2杯目は肯亞(ケニア)を注文。1杯目とはまた違ったカップで出てきました。こういったところを観察するのも楽しいですね~。

肯亞(ケニア)(120NTD2杯目は80NTD))
 

店舗情報

住所 花蓮市民德一街38號
営業時間
13:00~18:00
休日
月火
FB
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク