孔廟近くの日本人経営のカフェ – 加加家珈琲 Jiajiaya Coffee

台湾でも日本でも大ブレイク中の台南。まだまだ人気が衰える様子はなく至る所で日本人観光客の姿を見かけます。古都と呼ばれる古い街並みや安くて美味しい小吃など楽しみは色々ありますが、そんな台南の魅力の1つに路地裏散策というのがあります。たまにビルとビルの間のに狭い通路を見つけ「おや」と、中へ進んで行くと思わぬ路地裏が広がっていたりします。更に思いがけず面白いお店が現れたりするのが楽しいのです。というわけで今回はそんな台南の路地裏にある老房子カフェ「加加家珈琲 Jiajiaya Coffee」を紹介します。

加加家珈琲 Jiajiaya Coffee

台南の路地裏に日本人経営のカフェが

至る所に迷路のような細い路地裏が見られる台南ですが、東門圓環と民生綠園という2つのロータリーの間のエリアには特に細くて複雑な路地裏が存在します。加加家珈琲 Jiajiaya Coffeeがあるのもこのエリア。府前路と民権路の間の城隍街の路地裏にお店があります。
2018031902
あまり手を加えず古い建物がもともと持っている雰囲気そのままに、周囲の街並みに溶け込んでいますね。その中にあって「カレーライス」という文字が目を引きます。
2018031903 2018031903_1
珍しく店内では靴を脱いで上がるタイプのお店です。
2018031904
カウンター席のみで席は畳に座布団というスタイル。更に掘りごたつのようにカウンターの下に足を下せるようになっています。ちなみにこのとき現地の友人と一緒に行ったのですが、その友人はずっと体育座りしてて頑なに足を下ろそうとしなかったんですよね。「なんで足下ろさないの? 楽なのに。」と聞いても「こっちの方がいい。」と。なんでだろう?台湾の人こういうの苦手なのかな?
2018031905
お店のスタイルや店名の「珈琲(注)」という文字から気付く人もいるかと思いますが経営しているのは日本人。台南の魅力に惹かれて移住を決めたそうです。
(注)台湾では咖啡という字を使います
2018031906
メニューはエスプレッソベース、シングルオリジンのハンドドリップコーヒーなどなかなか豊富です。
2018031907
お店には小型の焙煎機があり自信で焙煎しているようです。
2018031908
入口にも書かれてあったようにフードメニューにはカレーも。
2018031909

台南ならではの雰囲気の中で日本ならではの味

チャイがあったのでちょっと興味深くて注文してみました。台湾で美味しいチャイになかなか出合ったことがないんですよねー。美味しかったのは今のところ台北の波浮 Habu Juiceくらいでしょうか。

日本人経営ということでひょっとして、と思いましたが期待した通りの味。ちゃんと鍋で煮出して作る美味しいチャイでしたねー。

印度奶茶チャイ(110NTD)
2018031911
美式珈琲(アメリカーノ)(80NTD

抹茶拿鐵(抹茶ラテ)(110NTD

スイーツは2種。これは葡萄を使ったシフォンケーキ。

水果戚風蛋糕(フルーツシフォンケーキ)(120NTD ※ドリンクとセットで20NTD引き)

こちらはミニパンケーキとフルーツを串に刺した一風変わったスイーツ。絶妙のバランスを保っています(笑)。

水果鬆餅串(フルーツとパンケーキの串)(130NTD ※ドリンクとセットで20NTD引き)
2018031914
この日は食べませんでしたがカレーもおおすすめ。台北ではいわゆる現代の日本のカレーが食べられるお店が結構ありますが、台南ではまだまだ多くありません。加加家珈琲 Jiajiaya Coffeeのカレーは正に現代の日本のカレー。台南の老房子カフェで日本の味が楽しめる数少ないお店ですよ。

店舗情報

住所 台南市中西區城隍街68號
営業時間
火~木12:00〜15:00、16:30〜19:00
金~土12:00〜21:00
日12:00〜18:00
休日
FB 加加家珈琲 -Jiajiaya Coffee-


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク