台中のリノベ老房子カフェでブランチを食べてみました – 小家朝食

スポンサードリンク

台湾の朝食といば豆漿店で蛋餅、燒餅、油條(揚げパン)それ小籠包や肉包(肉まん)。他にも魯肉飯や涼麺など伝統的な料理を食べてみたいですよね。でも当然ですが地元に人には洋風の朝ごはんももちろん人気があるのです。特にブランチを提供するカフェは台湾にもたくさんあって若者を中心に大人気ですよ。中には台湾独特のアレンジが施されたメニューなども見られるので敢えてこういったお店に行ってみるのもなかなか楽しいものです。というわけで今回は台中にある古い建物を改装した美味しいブランチを提供する老房子カフェ、小家朝食を紹介します。

小家朝食

国立自然科学博物館近くのリノベカフェ

小家朝食は台中の国立自然科学博物館近くにあるブランチが人気のカフェ。台湾大道から大仁街に入って1、2分ほど歩いた場所にあります。淡い緑色の古い建物をリノベーションした老房子です。
2018010602 2018010603
お店に入るとすぐ目の前にキッチンがあり、その手前に2つほどテーブル席があります。
2018010604 2018010605
1階より2階の方が広々としたスペースがあるので2階に上がりましょう。
2018010606
こちらが2階。壁を叩き壊して敢えてそのままにしたような客席への入口。台湾の老房子カフェでけっこうこのデザイン見かけるんですよね〜。
2018010607 2018010608 2018010609
真っ白の内装、明るい色目の木製の窓枠やテーブルのおかげで店内はとても温かみのある雰囲気です。床はおそらく元のままであろうと思われ、なんとなくノスタルジックな気分にさせてくれます。
2018010610 2018010611 2018010612 2018010613

人気のブランチメニュー

さてこちらがメニュー。最初のページには卵、紅茶、大豆、乳製品など使用している食材についての説明があります。フランスパンには日本の昭和麵粉の小麦粉が使用されてるそうですよ。昭和麵粉って昭和産業のことですね。
2018010614 2018010615
經典朝午食(クラシックブランチ)としてフレンチトースト、バゲットにマッシュルームとポテトのグラタン、キッシュなど。バゲットを使った明太フランスなんかもありますね。
2018010616 2018010617
小家朝食で人気なのがオムレツのブランチとエッグベネディクトのブランチ。オムレツはスモークサーモンとマッシュルーム&ベーコンの2種類。エッグベネディクトはシュリンプ&ベーコンとスモークサーモンとこちらも2種類。
2018010618 2018010619
ドリンクはコーヒーの他、紅茶、豆乳、抹茶ミルクなどもあります。咖啡欧蕾(カフェ・オ・レ)がLatteになってますがどっちなんでしょうね? たぶんカフェ・オ・レかな?

ブランチメニューを注文すると60元のドリンクを選ぶことができます。60元を超えるものでも差額を払えばOKです。
2018010620
ブランチメニューからシュリンプ&ベーコンのエッグベネディクトを選びました。それにしてもエッグベネディクトの漢字が班尼迪克蛋って・・・ 「班尼迪克」の部分が「ベネディク」。エッグは?って思ったら最後に「蛋(ダン)」を持って来てるわけですね。こういう翻訳するところが中国語の面白いところなんですよね(笑)。

鮮蝦培根蘆筍班尼迪克蛋325NTD

スプーン、フォーク、ナイフ、お水、ソースなどはこちらから。セルフサービスになっています。
2018010623 2018010624
ドリンクは汀普拉紅茶欧蕾(ディンブラミルクティー)を選びました。

汀普拉紅茶欧蕾(ディンブラミルクティー)(+70NTD単品130NTD))

エッグベネディクトはイングリッシュ・マフィンではなくスライスしたバゲットの上に盛られ、エビ、ベーコン、アスパラが添えられています。付け合わせにソーセージ、フレンチフライ、サラダ。

卵にナイフを淹れると半熟の黄身がトロ〜リと。

バゲットと一緒にいただきます。イングリッシュ・マフィンより歯ごたえがあるので心なしか食べ応えがあるように感じますね。なかなか美味しい。
2018010629
台湾大道を渡って反対側へ行くとお店の多い賑やかなエリアがあるのですが、この辺りは比較的落ち着いた雰囲気です。のんびりと朝食を楽しみたい人にはピッタリですよ。
2018010630

店舗情報

住所 台中市西區大仁街46號
営業時間
9:00〜17:00
休日
FB 小家朝食 Homey Brunch & Café


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク