康青龍エリアにオープンしたシェアハウス併設のカフェ – Hi Nei Dou

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサードリンク

台北の街歩きの人気スポットは迪化街、赤峰街、富錦街のある民生社区など数多くありますが、かなり以前から知られていたのが康青龍エリア。特に永康街周辺は早い時期からお洒落なカフェや雑貨のお店が増え始め不動の人気観光スポットになりました。その後はやや飽和状態になった感を避けてか、街の動きに敏感なお店などは他のエリアへ出店する傾向があり、ちょっと一段落といった感じでしょうか。その永康街周辺のちょっと外れの場所に今年の1月、こじんまりとしたシェアハウス併設のカフェがオープンしました。賑やかな雰囲気の永康街のお店とは一線を画した落ち着いた雰囲気のシンプルな様相がこのエリアにしてはすごく新鮮で思わず引きつけられる魅力を持っています。

Hi Nei Dou

麗水街×金山南路付近の閑静なエリア

Hi Nei Douがある場所は康青龍と呼ばれるエリア。もうすっかり日本人にもお馴染みの観光スポットになっている永康街周辺。その永康街の南にある閑静な高級住宅街として知られる青田街周辺。そして更に南の師範大学近くの龍泉街周辺。これらを総称して康青龍と呼んでいます。

特に永康街周辺は日本人にとって最も有名であろう小籠包のお店をはじめ、多くのお店が紹介されていることからいつも多くの観光客であるれている場所です。

しかし金華街を過ぎると人波もまばらとなり閑静な住宅街が現れます。そんな場所にHi Nei Douは今年の1月にオープンしました。
2017030802_1
Hi Nei Douは住宅街にあるこじんまりとしたシェアハウス併設のカフェ。MRT東門駅から歩いて7、8分の場所にあり観光スポットとして有名な永康街エリア圏内です。

広東語で「ここにいるよ」

店名のHi Nei Douというのは広東語で「ここにいる」という意味だと教えてもらいました。またNei Douといのが(中国語ではChaoですがイタリア語でNidoと発音するようです)と似ていることから、が意味するというイメージも合わせ持っています。

Hi Nei Dou、つまり「Hi! ここだよ」ということですね。店名には「台湾にある、あなたのもう一つ家であるようにここでリラックスして過ごして欲しい」という意味が込められているのです。

カフェ×コワーキングスペース×シェアハウス

Hi Nei Douはカフェ、コワーキングスペース、シェアハウスを備えたスペースだということを謳っています。当初この場所を知ったときコワーキングスペース、シェアハウスということから旅行者向けではなく、ここで働く長期滞在者向けの宿泊施設かと思っていましたが、聞いてみたところ通常のホステルのように旅行者が滞在できるということです。

1階がカフェスペース、その奥がシェアハウスになっていて宿泊者のみ出入りできるようになっています。コワーキングスペースは地下スペースにあるようでした。

住宅エリアなので商業エリアによくあるようなビルではなく道路沿いに門が面していて、門から建物の入口にはちょっとしたスペースがあります。遠目から見ると一見普通の住宅にみえるので隠れ家的なカフェといった感じですね。

古い建物を改装したようですがこの辺りはあまり手を加えた様子はなくシンプルな感じがいいですね。2017030807
2017030808

すっきりとしたクールなカフェスペース

カフェの様子です。店内は白とグレーの内装で、無駄な装飾は無くすっきりとしたクールなイメージ。きれいで整然とした印象で個人的に好きなタイプのカフェですね。

シブい色目のソファー、手前にはブラックのケースを積んでテーブルに仕立てています。

台湾でよく見られる窓に嵌める鐵花窗という鉄の格子を利用して植物をアレンジ。

雑誌が置いてあります。こういったカフェには必ずといっていいほど小日子が置いてありますね。

よく見るとキッチンにNoritakeのイラストが飾ってます。

インテリアやちょっとした植物の飾りつけなどすごくセンスのある内装ですね。

完成度の高いメニュー

ホステルに併設されたカフェというとついでのようなカフェがよくあるのですがHi Nei Douはカフェだけでもやっていけるような完成度の高いメニューが揃ってます。

味だけでなくルックスもつい写真に収めたくなるような、派手ではないけれどもクールでセンスのよいクオリティの高さです。

三層のカラーがきれいな抹茶オレ抹茶だけでなくコーヒーが入っているのが特徴で意外に美味しいですよ。

Matcha Au Lait 抹茶歐雷(抹茶オレ)(150元  ※宿泊者はドリンク1杯無料になります)

フォームドミルクにレモンピールをあしらったティーオレ。ドリンクスタンドのミルクティーとは違って甘さ控えめでまろやかです。

Tea Au Lait 紅茶歐雷(ティーオレ)(150元  ※宿泊者はドリンク1杯無料になります)
2017030822
ベイクドチーズケーキはよくあるのですが台湾でレアチーズケーキってあまり目にする機会がないんですよね。レモンの風味がよく濃厚で美味しいレアチーズケーキです。

檸檬生乳酪(レモンレアチーズケーキ)(120元

シェアハウスは3部屋

シェアハウスはカフェの奥の扉を入ったところに3部屋あります。扉は電子ロックになっていて宿泊者のみ通ることができます。扉を入ると小さな共有スペースがあり正面に2部屋、背後に1部屋です。
2017030824
共有スペースには飲料水や冷蔵庫、紅茶のサービスが。
2017030825

小雙人房 Semi Double(セミダブルルーム)

こちらが今回宿泊した小雙人房 Semi Doubleの部屋で一泊1880元です。清潔ですっきりとしたシンプルな部屋で1人であれば数日の宿泊には充分だと思います。
2017030826
メトロのパンフレットやお菓子のサービス。パイナップルケーキが嬉しい!
2017030827 2017030828
コップ、ドライヤー、トイレットペーパー、ティッシュ、スリッパなどが完備。
2017030829 2017030830
シェアハウスとはいっても部屋にシャワー、トイレが付いているのが素晴らしいところ。そして何より嬉しかったのがシャワーの水圧が高い! なんだそんなこと・・・と思うかもしれませんが台湾で宿泊するとホテルですらシャワーの水圧が低いところがよくあるんですよね。しかしここは全く問題無し。
2017030831シャンプー、ボディーソープは完備されています。
タオルや歯ブラシ、歯磨き粉は自分で用意しましょう。
2017030832

雙人房 Twin(ツインルーム)

こちらは雙人房 Twinの部屋。一泊2200元です。
2017030833_1
※画像はHi Nei Dou提供
2017030834_1
※画像はHi Nei Dou提供
2017030835
※画像はHi Nei Dou提供

大雙人房 Twin(ツインルーム)

雙人房 Twinよりやや広めの大雙人房 Twinの部屋。雙人房 Twinと同じく一泊2200元です。
2017030836_1
※画像はHi Nei Dou提供
2017030837_1
※画像はHi Nei Dou提供
2017030838_1
※画像はHi Nei Dou提供

宿泊について

カフェの営業時間外やお休みの日はスタッフはおらず無人になります。またチェックイン時間が午後3時~午後6時までとちょっと短めなので注意しましょう。

店舗情報

住所 台北市金山南路二段141巷36號
営業時間
11:00〜20:30
チェックイン
15:00~18:00
チェックアウト ~11:00
休日 火曜
FB Hi Nei Dou


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
OLYMPUS DIGITAL CAMERA