目の前に広がるのは台湾の東海岸、台東長濱鄉のカフェに行ってみた – 巨大少年




文字通り台湾の東部に位置する街「台東」。台北からかなり離れているうえに新幹線も通ってないので高雄からでも台鉄に乗って3時間ほどかかってしまいます。なので台北、台中、台南、高雄などの都市に比べると台東を訪れる人は圧倒的に少ない。しかしきれいな海や広大な田園風景など自然の魅力に溢れた素晴らしい街なので、ぜひとも行ってみてほしいですねー。また台北をはじめ、いろんな街のカフェを紹介してきましたが台東にも面白いカフェがたくさんあります。今回紹介するカフェ「巨大少年」はその中でもかなり独特な存在。何が独特かってお店のある場所がすごい。というわけで実際に行ってみましたのでご覧ください。

巨大少年

周囲には何もない驚きの場所で営業するカフェ

ここは台東縣長濱鄉、台湾の東海岸沿いです。見てください、はっきり言って何もありません(笑)。背後には山々、そして・・・

目の前には海が広がっています。うーん、素晴らしい光景。車やバイクの排気ガスで溢れる街中とは違ってとっても空気が綺麗。気持ちいいですね~、

さて、こんなとろこに何をしにやって来たのかと言うと、観光の為ではありません。コーヒーを飲みに来たのです。下の建物がその目的のカフェ「巨大少年」です。

看板がなかったらどう見ても普通の住宅ですね(笑)。こんなところにお客さん来るのだろうか、と思ってしまうのですが意外に知名度があるみたいなんですよ。

ちなみに側面には面白いイラストが。

ではさっそく店内へ。なんだか倉庫みたいな雰囲気ですがちゃんとテーブルとイスが設置してあってカフェとして営業していますよ。

焙煎機があるところを見ると自家焙煎のカフェなんですかね。

衣索比亞(エチオピア)を3種類

こちらがメニュー。黑咖啡は数種類から豆が選べます。その他、咖啡拿鐵(カフェラテ)、咖啡黑糖拿鐵(黒糖ラテ)などエスプレッソベースもあります。驚いたのが値段。一部120元、150元のメニューがありますが、それ以外はほとんど100元。場所のせいもあるかもしれませんがその安さにちょっとビックリ。

黑咖啡を注文。オーナーがハンドドリップで淹れてくれます。ちなみにオーナーなぜかずっと裸足でした(笑)。さすがにこんなところまで来る旅行者は珍しかったようでコーヒーを飲みながらいろいろとオーナーと会話を楽しみました。

まずは衣索比亞(エチオピア)の浅煎りをドリップコーヒーでいただきました。やや酸味を感じる味ですが香りの高い美味しいコーヒーです。

黑咖啡・衣索比亞・淺焙・水洗(ドリップコーヒー・エチオピア・浅煎り・ウォッシュド)(100NTD

続いて同じく衣索比亞(エチオピア)の浅煎りを。さきほどはウォッシュドでしたが今度はナチュラルをお願いしました。同じ浅煎りですが先ほどとは違ってはっきりとした濃さが印象的です。

黑咖啡・衣索比亞・淺焙・日曬(ドリップコーヒー・エチオピア・浅煎り・ナチュラル)(100NTD

帰り際に咖啡拿鐵をテイクアウトしました。豆は衣索比亞(エチオピア)の深煎りを選択。バス停でバスを待ちながらいただきました。

咖啡拿鐵・衣索比亞・深焙・水洗(カフェラテ・エチオピア・深煎り・ウォッシュド)(100NTD

台東の中心部からだとバスで2時間ほどかかるのではっきり言って来ようと思う人はまずいないと思いますが。東海岸を旅行する人で海岸線を通って台東~花蓮、或いは花蓮~台東の移動を考えている人はちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

台東市の中心部から「巨大少年」へは下記のバスを利用すればOK。8101線はちょっと時間がかかるので8102線か8119線がおすすめです。
臺東轉運站(台東バスターミナル)~南竹湖
・鼎東客運:8102線
・鼎東客運:8101線
・鼎東客運:8119線

店舗情報

住所 台東縣長濱鄉9621號
営業時間
10:30~17:30
休日
火水
FB


にしてよ


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク