誰もがその名を知る、ブーム以前から存在する南の代表格 – 甘單咖啡館

2017011301
スポンサードリンク

台南でもカフェブームは健在。ここ数年若者が続々と新しいお店をオープンし、今でもその流れは続いています。特にサードウェーブコーヒーの影響もあって、自家焙煎を行うロースターカフェの出店が目立ちます。また、老房子をリノベーションしたお店が多いのも台南特有の現象ですね。そんな中ブームの兆しが見える前から自家焙煎も老房子のリノベーションも既に行っていた台南を代表するカフェの1つが甘單咖啡館です。

甘單咖啡館

迷路のような路地裏/開隆宮の前がお店

台南駅前から民生緑園のロータリーまで続く中山路の路地裏に開隆宮というお寺があり、そのお寺の前がお店の場所です。写真は民権路側から入った道でバイク1台がやっと通れるような細い道が続いています。奥に見える赤い建物が開隆宮

中山路沿いには新光三越があったりと比較的大きな通りなのですが、ちょっと脇道に入るとまだこういう場所があるというのがザ・台南といったところ。この辺が観光客を惹きつける魅力なんですよね。
2017011302
2017011303
2017011304

老房子カフェのはしり

外観を見てすぐ気付くように甘單咖啡館の建物もずいぶん古いことが分かります。まだ老房子カフェブームの前からここで営業を行ってきました。

ブームが成熟してくると概して徐々に洗練されてくるもので、最近の老房子カフェはわりと小ぎれいに改装を行っているケースもよく見かけますが、甘單咖啡館は荒削りな感じが見て取れます。
2017011305
ここはテイクアウト専用のカウンター。入口もそうですがきれいに改装せず古さそのままの状態がかえっていい味を出していますね。
2017011306
店内も壁を壊しているところ以外はそれほど手をいれているようには見えませんが、そこにカウンターがあり、エスプレッソマシンがあり、というだけでいい雰囲気が出てきます。
2017011307
2017011308
不揃いな椅子やテーブルもここでは違和感なく馴染んでいる気がしますね。
2017011309
2017011310
2017011311

コーヒーは自家焙煎

メニューは自家焙煎の豆を使ったシングルオリジンとエスプレッソベースのコーヒーがメイン。コーヒー以外のメニューはあまり置いていませんが、これがむしろ甘單咖啡館を魅力を引き上げているように思います。お茶やジュース、フード類を必要以上に充実させないことにより、建物は荒削りであっても「美味しいコーヒーを飲みに行く」という明確な目的が加わることで見た目以上にスタイリッシュな印象を覚えます。
2017011312
2017011313
拿鐵・冰(カフェラテ・アイス)(110元)
2017011314
拿鐵・熱(カフェラテ・ホット)(100元)
2017011315
地元の住民にも人気があり、台南の友人誰もが自信を持っておすすめしてくれるカフェ。場所、建物、コーヒーのどれをとっても魅力の溢れる良カフェです。
2017011316

店舗情報

住所 台南市中西區民權路二段4巷13號
営業時間
13:00〜21:30
休日  每月最終週の月曜〜木曜
FB 甘単咖啡館

スポンサードリンク
2017011301