雙連朝市の路地裏にあるカレーが美味しいカフェ – 嘎哩咖啡 GaliGabi




台湾では早朝から街が活発に動き出しますが中でも雙連朝市(雙連市場)は日本人観光客にもお馴染みの人気スポットですよね。雙連と民權西路というMRTの駅に挟まれた場所にあるためアクセスも便利なので出かける人が多いと思います。多くの人でごった返している活気のある朝市は歩いているだけでもテンションが上がりますね。周囲には小吃店もあって食事を楽しむこともできます。しかし今回はこの伝統的な朝市という場所で敢えてギャップのあるお洒落なカフェ「嘎哩咖啡 GaliGabi」を紹介したいと思います。

嘎哩咖啡 GaliGabi

雙連朝市近くにあるお洒落カフェ

ここは日本人観光客にもすっかり人気の雙連朝市(雙連市場)。MRT雙連駅から民權西路駅にかけてズラーっとお店が並んでいます。

その雙連朝市の民權西路寄り、錦西路の1つ手前の路地を東に入って少し歩くと目的のカフェ「嘎哩咖啡 GaliGabi」があります。

こちらの目立たない感じ、だけど明らかに周囲の様子とは違ったお洒落な雰囲気のお店が「嘎哩咖啡 GaliGabi」です。

無駄のないスッキリした店内。外の喧噪が嘘のように静かで落ち着いた雰囲気です。

雑貨の販売も行っているようですね。

注文はカウンターで口頭で行います。

こちらはドリンクメニュー。コーヒーをはじめお茶、ミルク系、ソーダなど。フードメニューは店員さんに尋ねましょう。

台湾ではまだ珍しいドライカレー

注文したのはこちら。ドライカレー、プリン、カフェラテをいただきました。フードメニューはそのときどきで内容が変わるみたいでこの日は南瓜豬肉乾咖哩(豚肉とカボチャのドライカレー)でした。

南瓜豬肉乾咖哩150NTD)、布丁80NTD)、拿鐡150NTD

暑かったのでカフェラテをアイスでいただきます。

最近台湾のカフェでやたらとプリンを見かけるんですよね。しかもこういった昔懐かしいタイプ。いろいろ見てるとなんだか食べ比べてみたくなってついつい注文してしまいます。「嘎哩咖啡 GaliGabi」のプリンは口当たりがわりと滑らかでとろけるような食感。美味しいです。

豚肉とカボチャのドライカレー。台湾では乾咖哩って言うみたいです。そのままですね(笑)。カレーは台湾にもあって最近では日本のカレーを意識したものもよく見かけますがドライカレーはあまり見たことがないんですよね。

カレーの風味の中に豚肉の旨味が感じられて美味しいですね。魯肉飯の国だけあって豚肉使いはさすがです。カボチャのホクホク感も加わって一層深みのある味に。辛さはほとんど感じませんね。

雙連朝市とは時間があまり被りませんが昼前ごろに朝市を訪れたときは「嘎哩咖啡 GaliGabi」にも立ち寄ってみてはいかがでしょう。

店舗情報

住所 台北市中山區中山北路二段96巷29號
営業時間
11:00~21:00、土日11:00~20:00
休日
 
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク