永康街に再注目? 気になるカフェを発見 – Elephant Machine Coffee




永康街といえば台北でも早い時期から人気のあったエリアです。このエリアの入口とも言える信義路沿いには鼎泰豐があり、永康街を歩くと思慕昔や芋頭大王などの人気スイーツ店、他にも天津蔥抓餅や永康牛肉麵、更におしゃれなカフェや雑貨店など、ひと通り台湾観光が楽しめそうなエリアです。でも最近、他にも色んな人気エリアが誕生して、正直永康街からはちょっと足が遠のいていました。というわけで今回は久しぶりに永康街エリアをじっくり散策して見つけたちょっと気になるカフェを紹介したいと思います。

Elephant Machine Coffee

永康街の路地裏カフェ

信義路から永康街を入っていくと芒果皇帝、思慕昔、度小月擔仔麵などの超有名店が並んでいます。観光客の定番コースとなっている人気ストリートですね。更に歩くと三角形の形をした永康公園が見えてきます。その公園を越えて永康街37巷を左に入ってすぐの場所にあるのがElephant Machine Coffee。白地の壁に白の文字で店名が書かれてるのでうっかりしてると通り過ぎてしまいそうになります。
2018012902 2018012903
門を潜るとスタイリッシュなお店の入口が。ハデハデしくない落ち着いた感じがいいですね。緑もあってなかなか好印象な雰囲気です。
2018012904
入口にある謎の絵・・・
2018012905
スッキリした店内。こういう雰囲気好きですね〜。ちなみにキッチンは写真撮影NG。遠目からならOKということでこんな感じの写真です。
2018012906
こういったカフェには珍しくファストフード店のような固定されたテーブルと椅子を採用しています。でも素材やカラーリングの効果でお店の雰囲気にマッチしてより整然とした印象ですね。また中央に席を置いてないので広々とした感じです。
2018012906_1 2018012907 2018012908 2018012909 2018012910

Ethiopia Halo Bariti

メニューも写真NGなので実際に行ってみて確認してみてください。ブラックコーヒーは豆が2種類ほどあったのでこの日はこちらを選んでみました。

衣索比亞 哈羅 巴瑞提合作社Ethiopia Halo Bariti)(150NTD

やや酸味が感じられ苦味はあまりない丸みのある味です。なんとなくジャスミンのような風味を思わせるコーヒーでした。
2018012913
あるエリアが人気が出てくるといろんなお店が続々とオープンして賑やかになってくるのですがその結果似たような店が増え観光地のようになってきます。それを嫌ったお店は別のエリアへ出店したり移転したりと・・・日本でもよく見られる光景ですね。永康街エリアもちょっとそんな雰囲気があったのですが、Elephant Machine Coffeeのようなお店が現れたのを見て、人気が一回りしてまたちょっと変化してるのかな〜? とそんな印象を受けました。今後の動きを注目していきたいと思います!
2018012914

店舗情報

住所 台北市大安區永康街37巷5號
営業時間
12:00〜19:00
休日 火水
FB Elephant Machine


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク