築100年以上の古民家を改装した台南、國華街のカフェ – 存憶Cafe Bar

0000
スポンサードリンク

近年台南に注目が集まり、多くの観光客が訪れるに伴い街も大きく動いています。特に目にするのは老房子と呼ばれる古民家をリノベーションしたお店が続々と誕生していること。今回はその中でも、國華街の普済殿近くにある筋金入りと言えるような古さの古民家を改装したカフェを紹介します。

存憶Cafe Bar

ひときわ目立つ古さの古民家

國華街を歩いていたときに、ふと目に留まった古民家。周辺の建物もそこそこ古さを感じますが、その中でも一際目立って年季が入っている建物です。瓦屋根などちょっと日本風な印象も持っています。一見するととてもお店には見えませんが、大きく開いた戸口からバーカウンターらしきものが見え、入口には「存憶Cafe Bar」と書かれた看板が。ちょっと興味をそそられました。

0002
0004
 
0003

手作りの味のある店内

入口の両脇にオープンテラス(という上品な感じではないのですが(笑))のテーブル席が2つ。これもまた味のあるテーブルが無造作におかれていい雰囲気を作っています。

0005
0006

店内にはカウンター席と2人掛けの小さなテーブル席。古いのもばかりを集めたような手作り感満載の店内です。こうして見るとリノベーションという言葉はあまりしっくりきませんね。古さそのままになんとか使えるように復旧させたという感じで、そこがまた何とも言えない魅力を作りだしている気がします。
0007

コーヒーは本格的

コーヒーはシングルオリジン、エスプレッソベース、フレーバードコーヒーなど。他にも紅茶やフレッシュジュースのアレンジなどしっかりしたカフェメニューです。「Cafe Bar」なのでもちろんお酒も充実してます。

0008_02
0008_03
0008_04

レトロなカセットテープを利用して作られたメニュー。2個を合わせて本のように見開きになるように作られています。面白いですね。
0009こちらは店内に掲げられているメニュー。筆書き風で‘書’のようですね。お店の雰囲気に合っていいのではないでしょうか。しかし、つくづく思うのですがこうやって全て漢字で書かれると壮観ですよね。
0010

お店の裏には畳の部屋も

注文した後、待っている間にお店の裏を見せてもらいました。意外に奥行があって広いことに驚きました。

0014
0015
裏にはなんと畳の部屋が。こじんまりとした小さなスペースですが、何か茶室を思わせるような雰囲気です。
0016
0017

畳部屋に面して小さな庭もあります。古いミシン台の上にあるのはコーヒーでしょうか?
0018

サイフォンコーヒー

シングルオリジンは豆を選びサイフォンで淹れてくれます。またカップも好きな物を選ばせてもらえます。 0011虹吸式咖啡(サイフォンコーヒー)/花蝴蝶 巴拿馬(Panama Boquete Butterfly)(100元)
0012拿鐵咖啡(カフェラテ)(80元)
0013

ちょっと寄ってみたくなる

自分もそうでしたが、前を通ると気になってちょっと入ってみたくなります。開放的で路上からすぐにカウンターが見えるので入りやすいと思います。店主も気さくで親切な方なのでいろいろ話をするのも楽しいですよ。
00190020

店舗情報

住所 台南市中西區國華街三段211號
営業時間
9:30〜22:00、火水12:30〜22:00
休日 なし
FB 存憶Cafe Bar

スポンサードリンク
0000