台北のおすすめカフェ、最近増殖中のコーヒースタンドから5店紹介!

S8_1
スポンサードリンク

はっきり言って台湾のカフェはムチャクチャ面白い。台湾にはもう既にすごい数のカフェが存在しますが、今なお次々と新しいお店がオープンしている状況です。お店の数が増えて成熟してくると個性のあるカフェが現れ始めてジャンル、バリエーションが多様化していきます。ここ数年では、日本と同様に自家焙煎のカフェやスペシャルティコーヒーを扱うカフェがずいぶん増えたように思います。

そして今、台北で特に多く見られようになったのがコーヒースタンド。建物の賃貸価格が高いという台北特有の事情もあってか、小さなスペースを巧みに利用したコーヒースタンドのスタイルをとったカフェが続々と誕生しています。

小規模であるだけに個性やインパクトが必要とあって、どのお店もオリジナリティを出す為の工夫が見られてすごく面白い。美味しいコーヒーはもちろんのこと店舗にも注目すると、より楽しみが増えると思います。

今回は台北でこれまで行ったコーヒースタンドの中からおすすめの5店を紹介したいと思います。
(コーヒースタンドという定義も含め、あくまで個人的な好み、見解なのであしからず。)

台北おすすめコーヒースタンド5選

No.5  Coffee Stand by me

MRT中山駅と雙連駅の間に位置する赤峰街に店舗を構えるコーヒースタンド。古い街並みに若者が経営する雑貨店やカフェがポツポツと入り混じる中山駅周辺でも人気のエリアで、Coffee Stand by meもその内のお店の1つと言えるでしょう。スタイリッシュでクールなイメージのコーヒースタンドと周囲の昔ながらの古い雰囲気を残す伝統的な商店とのコントラストもまた魅力の1つです。

Coffee Stand by meは元々COFFEE REMUS 旅沐豆行という自家焙煎コーヒーのお店で働いていた3人の若者が共同で経営しています。3人で協力してお店を運営していくということで、店名の由来もそこから来ています。

コーヒーはエスプレッソベースのメニューが主体。またコーヒーの他、ビールも豊富に取り扱っています。比較的夜遅くまで開いているのでバーのような使い方もできるお店です。

赤峰街のクールなコーヒースタンド - Coffee Stand by me

2017.01.18

No.4  旺來咖啡

MRT南京復興駅と台北小巨蛋(台北アリーナ)駅の中間あたりにあるコーヒースタンド。周辺にはBreeze微風南京、IKEA、台北王朝大酒店(サンワールド・ダイナスティホテル)といった大きな百貨店やホテルがあり、それらに囲まれるような背後の路地裏で経営しています。

旺來咖啡の特徴はコーヒー以外のメニューが豊富なこと。台湾産のお茶や紅茶、フレッシュジュース、ビールなども扱っています。更にフードメニューもクロワッサン、雞蛋糕(ベビーカステラのようなもの)、パニーニなどが揃っていて小さなコーヒースタンドにしてはちょっとしたカフェ並みの充実したメニューですね。

またコーヒースタンドというお店は、静かに構えてフラッとやって来るお客さんを待つというイメージですが旺來咖啡は店頭で通りかかった人に積極的に試飲や試食をすすめているのが印象的でした。親切なスタッフが多く親しみやすいコーヒースタンドですね。

台北アリーナ近くの小さなコーヒースタンド - 旺來咖啡

2016.11.28

No.3  SideWalk Espressobar

台北アリーナ近くのコーヒースタンド、SideWalk Espressobar。Sidewalkというのは歩道という意味。ちょっと特殊な小スペースをうまく利用して、正に歩道に沿ったような形の店舗であることがその名前の由来です。

台北の数あるお店のなかでも極めて小さなスペースの部類に入るのではないかというコーヒースタンドで、不動産価格が異常に高い台北の経済事情を象徴するお店であるとも言えますね。オーナー自身も台湾のコーヒー業界の競争の厳しさを語っているように、色々と工夫をしていく必要があるのですね。

ともあれSideWalk Espressobarは小さいながらも親切で気さくなオーナーのサービスが心地よいお店で、わざわざ行ってコーヒーを飲みたくなるお店として3位に推したいと思います。

光復南路のコンパクトなコーヒースタンド - SideWalk Espressobar

2016.11.14

No.2  Jack & NaNa coffee store

MRT忠孝新生から5分ほど歩いた場所にある自家焙煎のコーヒースタンド、Jack & NaNa coffee store。店名の末尾がCafeでもCoffeeでも咖啡でもなくcoffee storeというところが既存とは違う新しい定義を打ち出している印象を覚えます。

そして台湾においてこのコーヒースタンドという店舗スタイルを明確に印象づけたお店と言えるでしょう。そのどこか可愛いさも感じられるスタイリッシュなルックスやお店のロゴ、店名、そして2人のオーナーまで含めて台湾のカフェシーンに強烈なインパクトを与えました。

オープン以来Jack & NaNa coffee storeの名前は台北のみならず台湾中に知れ渡る存在となり、同じ様なスタイルのお店をオープンするフォロワーの姿も見られるようになります。コーヒースタンドのみならずカフェというカテゴリでも影響力、人気ともに間違いなくトップクラスのお店です。
2017042404_12
2017042404_2
2017042404_3

臨沂街のおしゃれなコーヒースタンド - Jack & NaNa coffee store

2016.10.04

No.1  COFFEE : STAND UP

MRT国父紀念館駅から歩いて数分の延吉公園の近くにある自家焙煎のコーヒースタンド。実はお店のすぐ目の前には日本人にも人気の騷豆花というスイーツ店があるので、この辺に行ったことがある人は結構いるのではないかと思います。

おそらく台湾での人気度、知名度でいえば2位のJack & NaNa coffee storeが上だろうと思いますが、個人的にはここCOFFEE : STAND UPを1位に推します。台湾で今ほどコーヒースタンドのスタイルが浸透していない早い時期からこのスタイルでお店をオープンしたパイオニア的存在とも言えるでしょう。

派手さはありませんがお店の佇まいやオーナーの所作からはどこか安定感や貫禄さえ感じさせる雰囲気を纏っています。もうそこにあるのが当たり前であるかのような落ち着いた雰囲気のこのコーヒースタンドは流行に捉われることなく悠然と構えているといった印象です。

実は日本の喫茶店のスモーキーな深煎りコーヒーが好き、という気さくなオーナーと会話をしながらコーヒーをいただくのも楽しいと思います。目の前が公園というロケーションなのでテイクアウトして公園でのんびりするのもいいですね。
2017042405_1
2017042405_2
2017042405_3

台北におけるコーヒスタンドのパイオニア的存在 - COFFEE : STAND UP

2017.03.11

まだまだ増えそうなコーヒースタンド

以上、全く個人的な好みで選んでみました。紹介した5軒以外にも面白いお店がたくさんありますので是非参考にしてください。コーヒースタンドは今後もまだまだ増えそうな勢いです。これからも少しずつ紹介していきたいと思います。

台北の超見つけにくい場所にあるコーヒースタンド - 叁拾叁精品咖啡 安東概念店

2017.01.07

夜のみオープン! 夜猫族のコーヒースタンド - Gato Café Stand

2017.03.12

南京三民にオープンした高級ブランド店のような雰囲気のカフェ - alpha Black

2017.04.21

台北101近くの自家焙煎コーヒースタンド - 口力口非 KOULI COFFEE

2017.04.05

スポンサードリンク
S8_1