古都の路地裏に佇む台湾の歴史を象ったカフェ – Cafe Hermosa 艾爾摩莎

2017071901
スポンサードリンク

「艾爾摩莎」とはスペイン語でHermosa(ハモサ)、「美しい」という意味です。「艾爾摩莎」かつて台湾はこう呼ばれていました。台湾に詳しい人はかつて台湾がポルトガル語で「 福爾摩沙」、Formosa(フォルモサ)と呼ばれていたことを知っているのではないでしょうか。Hermosa、Formosa、スペイン語とポルトガル語の違いはありますが、つまり美しい島、美麗島とされていたのですね。今回紹介するのはその「艾爾摩莎」を店名に冠した台南のカフェ、Cafe Hermosa 艾爾摩莎。店名、建物などから台湾の歴史を感じ取ることができるお店です。

Cafe Hermosa 艾爾摩莎

路地裏の老房子カフェ

Cafe Hermosa 艾爾摩莎は赤崁樓近くの路地裏にある80年を超える歷史を持つ老房子を改装したカフェです。

お店の場所は西門路、郡緯街、新美街、民族路に囲まれたブロック。車の入ってこれない細い路地の奥で営業しています。いかにも台南らしい雰囲気が感じられる一角ですね。
2017071902
下見板張り、台湾では雨淋板と呼ばれるの外壁の2階建ての古民家を改装したのがCafe Hermosa 艾爾摩莎
2017071903
2017071904
2017071905
店内は打って変わってモダンな感じですね。
2017071906
カウンターにグラスや大きな鍋が見られますね。実は夜にはタパスなどのスペイン料理を提供しているようですよ。
2017071907
店内の奥には中庭があります。天井が高く、また窓が大きくとられているので明るい雰囲気の店内です。
2017071908
2017071909
これは日本統治時代の地図でしょうか。現在の台南の街と比べてみるとなかなか興味深いですね。
2017071910
お店は台南艾爾摩莎書店咖啡 Hermosa Librocafe(Libroはスペイン語で書籍、書物)とも呼ばれています。それを表すように台湾の歴史にまつわる本がいろいろと置かれていました。
2017071911 2017071912
かつての台湾総統の李登輝さんや、現在の蔡英文総統のサインがありますよ。
2017071914 2017071915

南國咖啡とカステラ

メニューです。シングルオリジンのコーヒーやカフェラテ、他にはお茶、スムージー、またサングリアやビールなどお酒もあります。

まだ日が高いのでお酒はちょっと、ということでコーヒーから南國咖啡をオーダーしました。
2017071916
何かスイーツでも、ということでメニューを見ているとカステラという文字が。ちょっと興味深かったのでカステラを注文してみました。
2017071917
2017071918
南國咖啡・HOT(110NTD
2017071919
日本のカステラと同じですね。まあ当たり前と言えば当たり前です(笑)。レモンピールがふってあるのでレモンの香りがよいです。

卡斯提亞蛋糕(カステラ)(60NTD
2017071920
街の中心部にこういった趣のある路地裏があるのが台南の大きな魅力の1つです。ゆっくりと時間が流れるようなスローな雰囲気を味わうにはピッタリの場所ですね。
2017071921

店舗情報

住所 台南市中西區西門路2段372巷21號
営業時間
13:00〜21:00
休日
FB Cafe Hermosa 艾爾摩莎

スポンサードリンク
2017071901