ヤギのマークが目印の花蓮の自家焙煎カフェ – Cabra Coffee




花蓮はちょっと面白い街で予備知識なしで行くと戸惑うかもしれません。当然ながら花蓮駅というメインステーションがあるのですが駅周辺より駅からやや離れた場所に繁華街があります。理由はかつて旧花蓮駅(1982年ごろまで使用)が存在した辺りが今でもそのまま繁華街として残っているからなんです。なので有名なお店はその周辺に集中しているのです。しかし今回は敢えてその繁華街からは外れた場所で営業する自家焙煎のカフェ「Cabra Coffee」を紹介したいと思います。

Cabra Coffee

繁華街からはやや離れたエリアのカフェ

Cabra Coffee」は花蓮市中心部にある自家焙煎カフェ。「臺灣國立花蓮高級商業職業學校」という学校のすぐ近くの中山路沿いにお店があります。繁華街からはちょっと離れていて学校も近いということで比較的落ち着いた雰囲気のエリアです。

お店は飾り気のないスッキリした印象。ですが古いビルや古民家を改装した個性的なカフェが多い花蓮ではむしろ新鮮に感じます。

ロースターカフェなのでお店の奥には焙煎機が。

オリジナルの焙煎豆も販売しています。店名の「Cabra」というのはヤギという意味。なのでヤギさんがお店のロゴなのです。

メニューはこちら。短笛(ピッコロラテ)、美式咖啡(カフェアメリカーノ)、卡布奇諾(カプチーノ)などのエスプレッソベースに・・・

ハンドドリップの單品咖啡(シングルオリジン)。豆はカウンターにあるものから好みの豆を選べます。

コーヒーの他にもミルクティー、ソーダなども。また手作りのスイーツもあり。

これは單品咖啡(シングルオリジン)の焙煎豆。ドリップコーヒーを注文したらこちらから好きな豆を選びます。

單品咖啡(シングルオリジン)とブラウニー

注文したのは單品咖啡(シングルオリジン)。豆は「衣索比亞 耶加雪菲 日曬」を選びました。それとスイーツから布朗尼(ブラウニー)を。

單品咖啡・衣索比亞 耶加雪菲 日曬150NTD)、布朗尼100NTD

見るからに濃厚そうですがホントに濃厚なブラウニーです。まるでガトーショコラのようなチョコレート感があり、しっとりした口当たりでとっても美味しい。

フルーティーで雑味のないすっきりした味。ブラウニーともよく合ってとっても美味しいです。この日はあまり時間がなかったのですが、今度来る機会があったら他の豆やエスプレッソベースのコーヒーも試してみたいですね。

店舗情報

住所 花蓮市中山路416-6號 970號
営業時間
10:00~18:00
休日
 
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク