東区の住宅街に現れたお洒落なカフェ – Birdeye Espresso 被愛咖啡

2016112401
スポンサードリンク

既に日本人の間でも人気の旅行先となっている台南ですが、台鉄の線路を挟んで東側を訪れる人はあまり多くないと思います。この辺りは学校や住宅地が多く、大雑把ですが西側が商業エリア、東側が住宅エリアといった印象を受けます。しかしよく見てみると面白そうなお店もわりとあって、最近ではカフェやコーヒースタンドなどもポツポツとできていて個人的に注目しているエリアです。

Birdeye Espresso 被愛咖啡

東区、東門城圓環の近く

お店は東区の東門路上にある東門城圓環の近くです。ご覧のように観光客に人気のある赤嵌楼、台南孔子廟、神農老街、林百貨、安平などがあるエリアとは線路挟んで反対側ですね。
2016112402_1
東門路と長榮路の交差点付近の住宅街に店舗を構えます。
2016112403

長期的視野に立つということ

店名のBirdeyeとは鳥瞰(高いところから眺める。全体を俯瞰する。)という意味。つまり近視眼的思考に陥らず、長期的な視野に立つという思いが店名には含まれています。また発音が似ているということから漢字の被愛(ベイアイ)を当てたそうです。
2016112404
入口の床にお店のロゴ。多分、鳥とハートを表しているのではないでしょうか。
2016112404_1

黒ベースのシックな雰囲気

外観、内観ともに黒をベースにして工業的でシックな雰囲気です。店内はそれほど広くはなく、道路に面した窓際に4席、中央に2人掛けのテーブルが2つ、奥に6人掛けの大テーブルが1つ。
2016112405
余談ですが、席に着いたときお水を入れてくれて、これが冷えていたのでちょっとビックリしました。「冷えていて当たり前じゃないか」と思うかもしれませんが台湾では飲食店で冷えた水が出てくることは滅多になく、大抵温いお水がでてきます。これは手を抜いている訳ではなく、どうも台湾では冷えた水は身体に悪いという考えがあるようで、それが温いお水を出す理由だということです。逆に冷えていると敬遠するようです。まあ、個人的にはやっぱり冷えている方が嬉しいですね。
2016112406
2016112407
カウンターも黒で統一。エスプレッソマシンも黒のLA MARZOCCO。
2016112408
2016112409
2016112410

エスプレッソベースが中心のメニュー

メニューは十数種とシンプル。シングルオリジンとブレンドもありますがほぼ全てエスプレッソベースです。寳貝泡泡牛奶(Babyccino)というのがちょっと気になりました(笑)。テイクアウトだと少し安くなります。
2016112411
卡布奇諾・hot(カプチーノ・hot)(115元)
2016112412
この日はいただきませんでしたが、サンドイッチなどのフードメニューも結構美味しそうでした。
2016112417
※画像はBirdeye EspressoFBより引用

 

今後も注目したいエリア

このBirdeye Espresso 被愛咖啡がオープンしたこともそうですが、東区にも新しい動きが起きているのではないかと思います。今後も期待して注目していきます。
2016112413
2016112414
2016112415

因みに、帰るときにこんなもの貰いました。ありがとう (´▽`)ノ
2016112416

店舗情報

住所 台南市東區長榮路2段24巷29號
営業時間
月~金8:00〜17:00 土日10:00〜19:00
休日 なし
FB Birdeye Espresso 被愛咖啡


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2016112401