台南でマッチョの淹れるコーヒーを飲みに行く – 猛男咖啡 Beefcake Coffee Roasters

2016113001
スポンサードリンク

台湾では近代的なカフェやレストランであっても店名を漢字で標記するケースが多く、英語の店名であっても漢字を併記しているのをよく見かけます。日本人にとってはこの漢字名がなかなか面白くて、どんなお店なのか想像することができたり、全く予測不能だったりします。今回紹介する猛男咖啡。まさかタケオさんがやっているお店というわけもなく、「とんでもない荒くれ者がやってる店なのか?」と興味津々。どんなカフェなのでしょう?

猛男咖啡 Beefcake Coffee Roasters

猛男というのはマッチョという意味

猛男とは中国語でマッチョと言う意味(荒くれ者ではありません(笑))、Beefcakeも同様の意味ですね。つまり店員がマッチョということでしょうか・・・ お店は南門路を最南端までずっと南下して、大成路に入ってすぐの場所にあります。この辺りは中心地に比べると建物の数も減って、開発中の地域といった雰囲気です。
2016113002

意外(というと失礼ですが)、かなり綺麗なお店です

お店の入るビルが出来て間もないのか非常に整然として清潔感のある店内です。
2016113003
2016113004
入口を入ってすぐの場所にこんなものが(笑)。
2016113005
2016113006
2016113007

自家焙煎を行うロースターカフェ

Beefcake Coffee Roastersという名前からも分かる通り猛男咖啡は自家焙煎を行っています。メニューはもちろんオリジナルローストの豆を使ったシングルオリジン、エスプレッソベースなど。サンドイッチやトーストなどの軽食メニューもあります。
2016113008
2016113009
2016113010
拿鐵咖啡(カフェラテ)(160元)
2016113013
食事メニューも美味しそう。どうも当初のイメージとは違ってなかなか繊細というかスタイリッシュですよね。


豆の販売も行っています。
2016113015

ムキムキなのは老闆(ラオバン:店主)だけ?

この日オーナーは不在でしたが、この男性店員の方はどう見てもムキムキで鍛えてそうです。女性店員の方にちょっと聞いてみました。

MUSU
店員はムキムキじゃないとだめなの?
スタッフ
そんなことない。オーナーだけよ。
2016113012
でも・・・かなりゴツイですよね。そういうコンセプトなのでは・・・(笑)。
2016113011
どうも女性スタッフの方がキャリアが上なのか、男性スタッフにビシビシ指示を出していたのが見てて微笑ましかったです(笑)。
2016113014
2016113016
やや遠い場所にあるのですがコーヒーも美味しいし、ちょっと変わったコンセプト(勝手な思い込みかもしれませんが)で面白いと思いますよ。安平に2号店があるようなので今度はそちらにも行ってみたいと思います。(オーナーはそちらにいるのかもしれませんね)
2016113017

店舗情報

住所 台南市南區大成路一段32號
営業時間
10:00〜20:00 日10:00~18:00
休日 月曜
FB 猛男咖啡 大成精品店 Beefcake Coffee Roasters


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2016113001