使用する豆はシングルオリジン1種! 土庫里のこだわりカフェ – 5春

2016093001
スポンサードリンク

台中の土庫里はもともと閑静な住宅街でしたが、近年カフェや雑貨店などがポツポツとオープンして注目のエリアとしてじわじわと人気を集めています。今日はその土庫里にカフェを紹介します。メニューのコーヒーはシングルオリジンのみ、しかも豆は1種のみというこだわり。さてどんなお店なのでしょうか?

5春

平屋の老房子

場所は忠明南路と五權西路の交差点付近。五權西路から1本南の五權一街沿いにお店があります。五權西路は近代的な大きなビルが立ち並ぶ大通りなのですが1本路地を入ると庶民的な古い住宅が多くて、どうもアンバランスな印象を受けます。5春もその古い住宅を改装したカフェ。建物は平屋に瓦屋根で何か日本の家を思わせるような雰囲気です。そういえば台湾で平屋はあまり見なかったんじゃないかとふと思いました。 2016093002
入口もやはりどちらかというと日本風な印象を受けます。あまり手を加えず古さをうまく活かした外観ですね。周囲の風景に違和感なく溶け込んでいるので注意しないと通り過ぎてしまいそうです。
2016093003
よく見ると住所に番地の「5」もの字が。これが「5春」の名前の由来になったのでしょうか。
2016093004

手作り感満載 温かみのある店内

お店に入ると正面にカウンター席、右手にテーブル席が。正面のテーブル席はコの字型に背中合わせに座ります。白い壁が印象的な店内は木製の古い椅子やテーブル、照明などセンスの良さが垣間見えます。
2016093005
2016093006
ブロックを積んで板をのせただけのテーブル席。椅子も不揃いですがむしろ老房子と雰囲気がマッチしてるような気がします。
2016093007
2016093008

ところどころにクセのある装飾

水道管を利用した照明やおもむろに置かれたパイナップルなどちょっとクセのある装飾がところどころに。
2016093010
2016093009
2016093011

コーヒーはシングルオリジン1種のみ

5春のメニュー。これをみるとこのお店がちょっと普通ではないというのが分かります。コーヒーはシングルオリジンのみ(コールドブリューもあります)でラテなどのエスプレッソベースはありません。他はケーキが数種用意されているのみというシンプルさ。ちょっとこだわりのあるカフェ・・・というより喫茶店という呼び方がしっくりくるお店ですね。
2016093012
店の奥がキッチンになっていてコーヒーは店主がサイフォンで淹れてくれます。前にはカウンター席2席。ちなみにサイフォンは「塞風」と書くようです。
2016093013
單品咖啡(150元)この日はコスタリカでした。
2016093014
ケーキもおすすめです。
左:酒漬葡萄乳酪(ラムレーズンチーズケーキ) 右:罌粟籽磅蛋糕(ポピーシードケーキ) 美好花生醬搭配抹茶戚風(抹茶シフォンのピーナッツバター添え)
2016062901
※画像は5春FBより引用

 

意外にフレンドリー

意外と言っては失礼なのですがこれだけこだわりがあると「気難しいのではないか」とか「素人が入っていいのかな」とか心配をしてしまうのですが、全然そんなことはありません。ごく普通のお客さんが入って気兼ねなくくつろいでいるし、店主も気さくな方なので全く心配する必要はないですよ。
2016093016
2016093019
2016093020

店舗情報

住所 台中市西區五權一街162巷2弄5號
営業時間 14:00~21:00
土日13:00~21:00
休日  木曜

スポンサードリンク
2016093001